インテリジェント・ワークフローとは?

IBMのBPOサービスがもたらす効果はもはやコスト削減だけではありません。
業務全体を1から見直し、ワークフローを再設計します。IBMの持つ知見と最新テクノロジーを駆使し、さまざまな部門やチームのデータに接続した、“インテリジェント・ワークフロー”を設計した上でのアウトソーシング。インテリジェント・ワークフローは、従業員だけでなく顧客にも今までにない体験をもたらします。

複雑かつ高度な業務にも対応できるBPOサービス

IBMが提供するBPOサービスの対象は定型化されたノンコア業務だけではありません。複雑かつ高度な業務についてもBPO化が可能です。IBMはテクノロジーによる自動化、海外・国内拠点でのアウトソーシング、社内残存業務のコンサルティングを推進し、業務全体の変革をご支援します。

複雑かつ高度な業務にも対応できるBPOサービス

BPOサービスがもたらす効果

BPOサービスがもたらす効果

IBMの提供するBPOサービス

IBMのBPOサービスは、ABCのテクノロジーと目的に合わせたデリバリーセンターの活用の組み合わせにより、インテリジェントワークフローを設計し、お客様業務の効率化と高度化を実現します。

IBMの提供するBPOサービス

【経理業務のケース】

■お客様のお困りごと
経理支払申請には請求書と申請内容の照合等多くの手間が発生し、かつ、ノウハウも属人化していることが多く、効率化が難しい。 

■解決策
Robotic Process Automation (RPA) により入力・内容確認作業を自動化し、かつ、学習するデジタルプラットフォームを利用することにより手作業の削減を実現する。 

■詳細
AI OCRや電子請求書プラットフォームは請求書をデータ化し、RPAはデータチェック・入力・連携を自動で実施する。AIが処理を経験し学習することで、入力値の予測による入力アシストやチェック業務の省力化も実現する。また、システムでの統計的分析による不正・異常値チェックを実施する。これらにより従業員の業務負荷が軽減できるだけでなく、統制の強化を図ることも可能となる。

業務効率化を促進する Automation

【購買業務のケース】

■お客様のお困りごと 
間接材支出額は売上高10-20%を占めるが、未管理の状態にある。間接材品目は多岐に渡り、全品目への知見・ノウハウの獲得には時間を要する。また利用部門が全社に分散しており、ルール・プロセス、システム等の管理基盤なしでは可視化だけでも膨大な工数を要する。

■解決策
BPaaS (Business Process as a Service) の提供により、全社最適の観点で管理・統制するための間接材購買基盤(戦略、ルール・プロセス、組織、システム)を構築する。 

 ■詳細
従来アプローチは間接材システム導入に1年半、BPO導入に半年と改革に長期間を要した。BPaaSアプローチ では、クラウド化の流れによって標準化されたシステムを前提にBPO設計するため、システムとBPO導入を同時に推進でき、8-9カ月の短い期間での購買基盤整備が可能となる。加えて、IBM自身の購買変革を経験したバイヤーによる戦略ソーシング業務支援により、短期間での大きな成果が期待できる。 

業務基盤から変革する BPaaS

【人事業務のケース】

■お客様のお困りごと 
人事申請に代表される人事処理は、人事部門だけでなく従業員にとっても煩雑な作業であり、何度も人事部に問い合わせやコミュニケーションをする手間、申請作業自体の手間、手戻り対応の手間がかかっている。 

■解決策
Cognitive Computing技術を使い、Virtual AgentがAI Chatbotによるコミュニケーションで従業員の人事処理の問題解決をサポートすると共に、RPAで人事処理まで実行する。 

■詳細
Virtual Agentは24時間365日いつでも従業員の都合の良い時間に自ら人事処理の解決をするAI Chatbotを搭載し、加えてRPAによる各種システムとのAPI連携を実現することで、有給休暇申請の代行処理など人事処理の代行をも実施する。これにより従業員は人事処理に関連した手間から解放され、本来やるべき業務に時間を割くことができる。

複雑な業務に適応する Cognitive

サービスデリバリー拠点

大連デリバリーセンター

大連デリバリーセンターは、IBMの経理・人事オペレーションの拠点として2004年に中国の大連に開設されました。
現在では、日本だけでなくアジア地域の数十社のお客様へ、主に経理財務・購買・人事・営業支援領域を
対象にサービスを提供しています。

IBM BPOサービスの高い品質を支える優秀人材

海外拠点でのデリバリーにおける品質保持には、優秀人材の獲得・維持、そして高い
パフォーマンスを生みだす体制が非常に重要です。
大連デリバリーセンターでは、企業ブランド力による優秀人材の獲得、お客様のニーズに合わせたトレーニングによる育成、
キャリア形成機会の提供による人材の定着を実現し、お客様に寄り添った品質の高いサービスを継続的に提供しています。

企業ブランド力による優秀人材の獲得

優秀人材を確保するための戦略

  • 税や教育助成金等の優遇措置を受ける等、政府との強いリレーションにより、優秀人材を優先的に獲得
  • IBMは中国で「最も賞賛される外資系企業」の一つに選ばれる等高いブランド力があり、多くの優秀人材が入社を希望
お客様のニーズに合わせたトレーニングによる育成

お客様のニーズに合わせたトレーニングによる育成

  • 優秀人材の長期的定着のために、社内でのキャリアアップの機会を豊富に用意
  • 適材適所を実現するために、お客様やデリバリーメンバーに最も近いマネージャーが昇進・異動・「適切な退職」をコントロールしていく仕組みを実装
キャリア形成機会の提供による人材の定着

キャリア形成機会の提供による人材の定着

  • お客様の業務への理解を深めるために、異文化研修やお客様特有の専門領域を学ぶ研修を体系化。お客様毎の専用トレーニング教材も開発
  • 新たな知識や技術をプロジェクトに取り入れるために、業界・領域・国を跨いだナレッジシェアを定期的に開催
  • 高いビジネス日本語レベルを維持するためのトレーニングを実施

お客様に寄り添った継続的な業務改善

大連デリバリーセンターでは、お客様と定期的に対面式のコミュニケーションを取り、サービスに対するフィードバックを
直接受けることで、お客様目線での業務改善を実現します。
また、プロジェクトを横断した業務改善専門チームが、サービスの品質向上や自動化推進の役割を担い、
業務改善を進めています。

定期的な対面コミュニケーションによる満足度確認

定期的な対面コミュニケーションによる満足度確認

大連デリバリーセンターのメンバーとお客様で定期的に対面式のセッションを実施し、サービス品質に対する現状の満足度等を確認します。直接お客様からいただいたフィードバックをもとに、問題の特定と具体的な解決策を検討します。
お客様のパートナーとしてより良いサービスを提供するために、お客様目線でのサービス評価を大切にし、継続的に業務を改善しています。

横断的な専門チームによる業務改善促進

横断的な専門チームによる業務改善促進

複数のプロジェクトチームを横断した専門組織として、業務改善に特化したチームと、自動化開発を担う専門チームを設置しています。
専門的な横断組織とすることで、自動化開発スキルが高い人材が業務改善活動に専念することができ、また、効果的な事例を素早く他プロジェクトに横展開することができます。
迅速で高度な改善や自動化開発を行うことで、各プロジェクトのサービス品質向上に寄与しています。

大連

大連
  • 中国において5本の指に入る金融都市
  • 毎年10万人程度の大学卒業生を輩出
  • 300箇所の研究所組織、優秀な語学学校及びビジネススクールが所在
  • 日本語教育が非常に活発で、年3000人もの優秀人材を高い日本語力をもって社会へ輩出

沖縄デリバリーセンター

沖縄デリバリーセンターは、日本IBM株式会社の間接部門の業務を引き受ける拠点として2000年代初頭に開設されました。
自社内の間接業務改革のノウハウをもとに、現在はお客様のサービスデリバリーセンターとしても稼働しています。
主に判断が多い複雑な処理や例外対応、お客様窓口対応、機密度の高い情報を
扱う処理を対象としてサービスを提供しています。

KAIZEN活動による継続的な業務改善を実施

沖縄デリバリーセンターでは、単に業務を移管するのではなく運用開始後も業務改善ワークショップを
定期的に実施し、業務自動化、標準化/簡素化、廃止を検討します。
それだけでなく、IBMの持つ最新テクノロジーを駆使し、更なる業務高度化を推進します。

KAIZEN活動による継続的な業務改善を実施

最適なインテリジェント・ワークフロー、実現ロードマップをお客様と共創

お客様がBPOを検討するにあたって、IBMでは従来の定量効果のアセスメントに加え、
最適なインテリジェント・ワークフロー、 実現ロードマップをお客様と共創するワークショップを実施します。

最適なインテリジェント・ワークフロー、実現ロードマップをお客様と共創

沖縄デリバリーセンターに浸透しているKAIZEN DNA

沖縄デリバリーセンターの担当者には「常に業務を改善する」というDNAが浸透しています。
実際に業務を実施している担当者が困りごと・改善アイデアを共有し、プロジェクトメンバー(場合によってはお客様)を巻き込んで改善していく。それが沖縄デリバリーセンターの日常です。
業務が改善されていくこと自体が、担当者のモチベーション維持に繋がるため、KAIZEN活動はより一層活発化します。
新たに加入したメンバーも日常的なKAIZEN活動に参画することで、このDNAは継承されていきます。

沖縄デリバリーセンターに浸透しているKAIZEN DNA

支援している企業

大手企業様を中心に国内外のさまざまな業種のお客様に対してBPOサービスを提供している実績があります。

日東電工(Nitto)は、経理・購買の業務プロセス改革で経営基盤を強化

Nittoは、調達・購買にSAP Ariba、出張・経費管理にConcurを採用。IBMは、それらのクラウド・サービスを活用した業務プロセスのアウトソーシング「BPaaS」を提供することで、Nittoの成長戦略に沿った業務プロセスの変革を支援、経営資源の中核事業(コア事業)への集中を実現します。

コスモビジネスアソシエイツは 、人事・財務・経理業務の一部をIBM大連ビジネスセンターに移管し、業務品質の向上と効率化を推進

コスモエネルギーグループのシェアードサービス会社であるコスモビジネスアソシエイツ株式会社(以下、CBA)は、業務の標準化や海外拠点を活用したコスト削減などで業務の品質向上と効率化を図るために、グループ企業から集約した業務の一部をアウトソーシングすることにしました。

サントリービジネスエキスパートは、ロボティック・プロセス・オートメーションを活用したBPOにより経理業務の効率化を推進

2011年よりIBMのBPOを活用することで経理業務を効率化し、2016年からはさらに、同社がア ウトソ ーシングを行った伝票の入力プロセスの一部にRPAを導入することで、一層の業務効率化を推進しています。

関連資料

新たなデジタル変革の幕開け - 成功のための7つの鍵 -

デジタル・トランスフォーメーションへの解決策として、次世代のビジネス・モデル「コグニティブ・エンタープライズ」をご紹介します。「コグニティグ・エンタープライズ」とは何か。変革を成功させる7つの必須の施策とは何か。ビジネスの現場で得られた詳しい教訓とともに掘り下げて説明します。

BPO/RPAセミナー

昨今、ITのクラウド化が一段と進む中、企業においてノンコアな領域、あるいは、投資負担が重い領域を外部から供給する包括的なサービスモデルが拡大しており、中でも、コア領域に経営資源を集中することが出来るBPaaSが主流になりつつあります。
本セミナーではBPaaSを含めた、IBMが提供するビジネス・プロセス・アウトソーシングをご紹介します。

『間接材調達改革の進め方』

なぜ、いま間接材調達改革なのですか?多くの日本企業の調達改革・コスト削減を支援してきた 日本アイ・ビー・エムのコンサルタント・バイヤーによる実務ノウハウ・経験を具体的に紹介します。

著者:
GBS コグニティブ・プロセス変革
購買トランスフォーメーションリーダー
パートナー 田村 直也 他

IBM BPOサービスの活用――東洋紡の高付加価値業務への変革支援

日本IBMは、東洋紡株式会社(以下、東洋紡)が財務・経理業務の高付加価値化を目指して推進している業務変革を支援します。

SaaSに続くアウトソースの新機軸BPaaSで企業を強くする

次世代BPOといわれているBPaaS(ビジネス・プロセス・アズ・ア・サービス)が企業にもたらす価値やメリットとは?調達分野のアウトソーシングを統括する、IBMの毛利光博氏に話をうかがいました。

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)を変える最新テクノロジー

テクノロジーの進化によって、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)の姿も変わろうとしています。ロボティクスやコグニティブなどによる効率化、分析を活用した高度な提言など、その最新動向に迫ります。

エキスパート紹介

鹿内 一郎 / Ichiro Shikauchi

鹿内 一郎 / Ichiro Shikauchi

パートナー
業務変革・BPO事業部長

企業の戦略策定や組織・業務設計等のプランニングから、国内外での施策推進・業務運営態勢整備までの実行推進を実施の実績多数。近年は、AI、Analytics、Block chain等の新たな技術を活用した業務の高度化・効率化にかかるコンサルティング・サービス推進にも従事している。

塩塚 英己 / Hideki Shiozuka

塩塚 英己 / Hideki Shiozuka

パートナー
BPO事業責任者

人事・経理財務・購買・CRM領域のBPOの企画・立ち上げ実績多数。特にグローバルプロジェクトや合弁会社設立等の大規模・複雑なプロジェクトの豊富な経験を有し、BPO領域における新規事業開発、ソリューション策定、アカウントマネージメントを専門領域とする。

細谷 麿由美 / Mayumi Hosoya

細谷 麿由美 / Mayumi Hosoya

パートナー
人事トランスフォーメーション部門責任者

顧客サービス開発、総務人事における業務変革、グローバル人事、BPOデリバリーなど多岐に亘る経験を踏まえ、従業員サービスや人事機能の変革を数多く推進・支援している。

藤井 剛/ Fujii Takeshi

藤井 剛 / Fujii Takeshi

マネージングコンサルタント
人事トランスフォーメーション部門

人事領域のソリューション設計を担当。効率化だけでは語ることのできない人事領域において、チェンジマネジメントによる変化の起点づくりや、AIなどのテクノロジーと融合したBPOを中心に、人事の在り方変革を支援している。

田村 直也 / Naoya Tamura

田村 直也 / Naoya Tamura

パートナー
経理財務・購買トランスフォーメーション部門責任者

構想策定から実行・安定化まで、組織・規程・プロセス・システム・チェンジマネジメントを一貫して支援。課題解決施策として、アウトソーシングやAI、RPA、Analytics活用も行う。近年は日本企業で高まる間接材購買改革を推進している。

 

山崎 周一 / Shuichi Yamazaki

山崎 周一 / Shuichi Yamazaki

シニア・マネージング・コンサルタント
購買トランスフォーメーション部門リーダー

購買領域の戦略立案、組織・業務設計等のプランニングから、BPOデリバリー、システム導入までの実行支援の実績多数。近年は日本アイビーエム購買部門と密連携することで、業務効率性を目的としたオペレーション領域だけでなく、高付加価値業務である戦略ソーシング領域においてもBPOデリバリー機能を強化し、お客様の変革を支援している。

真藤 達也 / Tatsuya Shinto

真藤 達也 / Tatsuya Shinto

アソシエイト・パートナー
経理財務トランスフォーメーション部門 リーダー

経理財務領域のオペレーション変革について、構想策定からSSC・BPOを活用した移行・安定化まで担当。日本IBMファイナンス部門の変革に関与した知見や、デジタルテクノロジーを活用した自動化のノウハウを活用し、お客様の変革を支援している。

浅野間 一朗 / Ichiro Asanoma

浅野間 一朗 / Ichiro Asanoma

アソシエイト・パートナー
経理財務トランスフォーメーション部門

経理財務業務や営業バックオフィス業務のオペレーション変革を、BPR・SSC・BPOの手法を活用しPM・リーダーとして数多く支援。またRPA等のテクノロジーやデザインシンキング手法等の新たな視点を積極的に活用している。

ホープ・サン/ Hope Sun

ホープ・サン / Hope Sun

大連デリバリーセンター長

業務移管から安定化、自動化までを含むアウトソーシングデリバリープロジェクト管理の実績多数。業務領域を跨いだデリバリープロジェクトエグゼクティブマネージャー兼センターリーダーとして、日本のチームと共にお客様の変革を支援している。

吉崎 貴哉 / Takaya Yoshizaki

吉崎 貴哉 / Takaya Yoshizaki

シニア・マネージング・コンサルタント
BPO事業推進リーダー

これまでに培った戦略・業務変革コンサルティング、そして、BPOデリバリーの経験を活かし、構想策定・実行・安定化まで一貫したBPOサービス推進を担当。
業務領域にとらわれず、コンサルティングとBPOの両面から、お客様の変革を支援している。

大連デリバリーセンター エキスパート紹介

ビビアン・コ

ビビアン・コ

経理領域デリバリー責任者

アンディ・アン

アンディ・アン

経理領域デリバリー責任者

サイ・レンカ

サイ・レンカ

人事領域デリバリー責任者

チョウ・エン

チョウ・エン

人事領域デリバリー責任者

ジョ・アイカ

ジョ・アイカ

購買領域デリバリー責任者

リュウ・キンヒ

リュウ・キンヒ

購買領域プロジェクトマネージャー

営業支援領域プロジェクトマネージャー

ダン・レイケン

営業支援領域プロジェクトマネージャー

IBMのエキスパートにご相談ください。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード: Services