エッジコンピューティングによるビジネス・オペレーションの変革

エッジはIoTデータが作成される場所にAIとアナリティクスを近づけて、迅速に洞察を得られるようにして、継続的な運用を維持し、業務効率を向上させます。より多くのIoTデバイスが配置されるにつれて、エッジでのAIのニーズは急激に増大します。

エンタープライズ・エッジの使用としては、製造オペレーション、機器の監視、予測資産保守、車両の管理と追跡、ビデオ監視、作業員の安全追跡、海上掘削などへのリアルタイムの洞察の適用があります。

適応性の高い、回復力のある職場を創造

製造業、流通業、その他完全にリモートで運用することができない業種の企業は、休業から戻ってくる労働者のために安全かつ健康的な環境を提供する必要があります。温度センサーやウェアラブルなどのエッジ・デバイスからのリアルタイム・データにより、労働者の健康状態を素早く特定し、安全上の懸念を警告できます。

IBM® Maximo Worker Insightsソリューションを活用したエッジによる労働者の洞察では、基礎体温モニター、群衆密度追跡、立入禁止ゾーンの追跡とアラート、健康モニター、占有状況モニター、およびソーシャル・ディスタンスの評価を監視します。 

インダストリー4.0をエッジのAIに合わせて拡大

エッジコンピューティングは、インダストリー4.0の進化における重要な要素であり、よりスマートでダイナミックな、コスト効率のよい製造オペレーションを実現します。工場のフロア・ソリューションとエッジコンピューティングを統合し、エッジにAIを導入して、オペレーションの場所で分析と実用的な洞察を推進し、IT/OTのコンバージェンスの複雑さをナビゲートすることによって、リアルタイムでデータにアクセスし、実際に問題となる場所、つまりエッジで対応することができます。

メリット

AI、IoT、エッジコンピューティング技術を組み合わせて使用し、マシンのデータを収集し、主要データに対してほぼリアルタイムで、フィルタリング、変換、そして分析を実行します。企業はコスト削減と労働者の安全性の向上により、優れた投資収益率を達成できます。

対応アプリケーション

実働の最適化

エッジでAIと機械学習を使用した自己修復の実働プロセスを作成します。

IBM Maximo Visual Inspection

ディープ・ラーニング機能を備えたコンピューター・ビジョンをビジネス・ユーザーにより使いやすくします。

IBM Maximo Worker Insights

IoTウェアラブル・センサーと環境センサーからリアルタイム・データを収集して、職場における危険についての洞察を分析および予測します。

資産パフォーマンス管理(APM)

予測保守分析によって、計画外の修理作業を最小限に抑えてパフォーマンスを高め、保守コストの削減と機器の故障のリスクを軽減します。

お客様事例

L’Oreal社

L'Oreal社がマシン、オペレーター、サイト間でリアルタイムの可視性を実現し、イノベーションを迅速に推進した方法をご覧ください。

ProMare社

ProMare社がAIとエッジ・テクノロジーによって操作される自律航行船で海の秘密を探索した方法をご覧ください。

Groupama社

Groupama社がエッジを活用したテレマティクスによって、保険業界を大きく変化させようとしている方法をご覧ください。 

参考情報

エッジコンピューティングとは

エッジコンピューティングがすべてを変える

エッジコンピューティングを使用する製造業の実現

IBV:通信の5Gの未来

関連ソリューション

IoTコンサルティング・サービス

IoTデータ、AI、エッジコンピューティングに基づいて構築されたインテリジェントなワークフローを活用したコネクティッド・オペレーションにより、資産、建物、製造オペレーションを最適化します。

IBM Edge Application Manager

数万のエンドポイントにわたる、大規模で多様かつ変化の激しくアプリケーション環境を、1人の管理者が同時に管理できます。

ネットワークとデジタル変革のための通信ソリューション

クラウド・ベースの仮想化ネットワークが、5Gやエッジ対応の未来を実現します。

エンタープライズ・クラウド戦略

エンタープライズ・クラウド戦略、オペレーティング・モデル設計、および仮想化テクノロジーを使用して企業を支援し、通信サービス・プロバイダー(CSP)ネットワークを利用するエッジにフォーカスしたエンタープライズ・アプリケーションを実現します。

お気軽にご相談ください

IBMは変革に踏み出す後押しをする機能、サービス、製品の幅広いポートフォリオをご用意しています。ぜひお問い合わせください。

IBMをフォローする

IBMをフォローする