概要

IBMのSD WANソリューションはハイブリッドクラウド環境と将来のデジタル・トランスフォーメーションをサポート

今日のネットワークは、強力な接続のエコシステムを必要としているため、エッジコンピューティングと従来のクラウド・コンピューティングとのギャップを埋めるためにSoftware as a Service (SaaS)アプリケーションの使用を最適化しています。 IBMのソフトウェア定義広域ネットワーク(SD WAN)ソリューションは、企業の変革と、必要に応じたWANトラフィックの動的制御を支援します。ハイブリッド・マルチクラウドと5Gエッジ向けのIBM管理サービスは、アクセス、エッジ、コアの各テクノロジーに必要なソフトウェア仮想化とクラウド導入を推進します。

ソフトウェア定義WANサービスの詳細

SD WANマネージド・サービス

マネージド型のSD WANオファリングです。従来のWANを、さまざまな接続にわたる、ポリシー・ベースのアプリケーション認識型の仮想化ルーティング・ソリューションへと転換します。

Cloud Connect

主要なクラウド・プロバイダーおよび SaaSプロバイダーとの間でソフトウェア定義による相互接続を行います。 アプリケーションとデータのトラフィックを高速化して、アプリケーションの性能を確実に最大化し、あらゆるネットワークにわたるユーザー体験を向上させます。

エッジ・ネットワーク

エッジ・アプリケーションとユースケース向けに、戦略的キャリアPOP(Points of presence)、低遅延ネットワーク、オンデマンド帯域幅、高速なクラウドとSaaSの接続を提供します。

メリット

グローバルな俊敏性とクラウド・アクセスの向上

ベンダーに依存しないソフトウェア定義のアプローチにより、ネットワーク・サービスを結合できます。また、IBM の実績あるプラットフォームを使用して、数百のクラウド・サービスにグローバルにアクセスできるようになります。

ハイブリッドクラウド環境におけるデータとアプリケーションのシームレスな移行

IBM Global Network Peering Platformは、ハイブリッドクラウド環境において、自動化され集約されたSD WANサービスを提供します。 キャリア・ニュートラルのコロケーションにより、複数のキャリア・ネットワーク、クラウド・プロバイダーとSaaSプロバイダー、地域間のインターネット接続を相互接続します。

グローバルな可視性

すべてのイベント相関、アプリケーション、デバイス、ロケーションを単一画面で確認できます。 新規サービスの市場投入までの時間を短縮します。 ブラウザー・ベースのコントロール・パネルを使用して、新規サービスを構成します。

ネットワークのモダナイゼーション: デジタル・トランスフォーメーションとマルチクラウドに不可欠な要素を探る

クラウド・ジャーニーがデジタル化に向けて進むにつれて、ネットワークが重要な役割を果たします。 IDC社によるこのPOVでは、デジタル・トランスフォーメーションに大規模なネットワーク変革が必要とされる理由を説明しています。また、マルチクラウド・データセンター・ネットワークからWANへの、アーキテクチャー上と運用上の要件の変化に対処する企業をIBMがどのように支援しているかについても説明しています。

お気軽にご相談ください

IBMは、コンサルティング、サービス、ソリューションの多方面からお客様の変革を支援します。