増加するデジタル・ワークプレースの課題に対応する、特化されたサポート・メカニズムを利用できるようにし、従業員がアジャイルかつ安全に協力して業務に取り組めるデジタル・ワークプレースを実現しましょう。

新型コロナウイルス危機の渦中で、フル稼働のリモート・ワーク環境に移行するために何ができますか?

IBMはただちに以下の支援を提供します。 

  • 従業員がいつでもどこででも働くことを可能にするテクノロジーの導入
  • ファイルの共有、チームルーム、チャット、ビデオなどのソリューションを利用して従業員が世界のいたるところで企業に貢献できるようにするためのソーシャル・コラボレーション・ツールの導入
  • リモートで必要なアプリケーションやデータに安全にアクセスするためのクラウド・ワークスペースの従業員への提供
  • コンタクト・センター・サービスを利用したデジタル・ワークプレース・サービスへの転換
  • 限られたオンサイト・テクニカル・リソースによる、ハイブリッド・クラウド環境での基幹業務システムの継続的な稼働

この状況に対処・適応して将来の混乱を最小限に抑える方法を教えてください。

新型コロナウイルスのパンデミックの経験から、すべての企業がクラウド・ジャーニーを加速させる必要性が明確になりました。多くの企業で従業員のリモート・ワーク実現が最優先事項となりましたが、それを実現するための基盤となるインフラストラクチャーを備える企業は多くありません。IBM が提供する新しい働き方を支援するソリューションは、従業員のワークスペースを安全で、非常に協調的で、生産的な環境に変革して、重要なビジネス・アプリケーションに従業員がリモートでも安全にアクセスできるようにします。

こうした変化を永続的なものにすることで、ビジネスが得られる長期的なメリットを説明してください。

事業継続を確保するために今日対策を取ることによって、今回のパンデミックのような危機が将来発生した際に、適切なインフラストラクチャーを使用して、コストを管理しながら従業員をリモートで管理できるようになります。IBMは以下を支援します。

  • 職場を事務所からリモート・ロケーションや自宅に大規模に移行することによる、事業継続の確保
  • サブスクリプション・サービスを選択できる、柔軟な契約条件による、お客様のキャッシュ・フローへの影響の最小化
  • IBMと主要なソフトウェア/機器ベンダー、ネットワーク・サービス・プロバイダーとのグローバルな戦略的リレーションシップによるインフラストラクチャーとサービスへのアクセス中断の最小化

新型コロナウイルス危機の渦中でのリモート・ワークの推進とその先へ

リモート・コラボレーション

信頼できるネットワークと効果的なコラボレーション・ツールを使用してリモート・コラボレーションを実現します。

デジタル・ワークプレースへの転換

2週間以内にデバイスを配置し、ワークプレース・サービスを仮想化します。

リモートまたはオンサイトのテクニカル・サポート

限られたオンサイト・テクニカル・リソースによって、ハイブリッド・クラウド環境で基幹業務システムの稼働を継続します。

ワークプレースの仮想化

IBM Workplace Virtualization Servicesは包括的なデスクトップとアプリケーションの仮想化マネージド・サービスを提供して、従業員がリモート・ワーク中に会社の資産に安全にアクセスできるようにします。

デバイスの調達と導入

ユーザーのデバイスのライフサイクル全体を管理し、新しいデバイスを素早くロールアウトし、さらに無線による「ゼロ・タッチ」導入法などのテクノロジーとプロセスを活用して導入します。 

IBM Aspera on Cloud

世界中の企業がリモート・ワークのポリシーを採用するようになったため、IBMは高速ファイル共有とチーム・コラボレーションを可能にするAspera on Cloudのサービス使用料を無料にして、お客様の事業継続の確保を支援しています。このホスト・サービスにはセキュリティー機能が標準装備されており、ユーザーはどこにいても利用可能な帯域幅を十分に活用して、大容量のファイルやデータ・セットを迅速かつ確実にやりとりできます。フルホスティングSaaSのAspera on Cloudでは展開すべきインフラストラクチャーはなく、構成すべき特別なネットワークもないため、従業員はすぐに公衆インターネット上ですべてのサイズのファイルの送信、受信、共有を開始できます。

リモート・ワークをサポートするネットワークの準備態勢

リモート・ワーク向けのネットワークの準備態勢の戦略とガイドラインでは、デバイス間での接続性、帯域幅容量などのエンド・ユーザーのニーズに焦点が当てられます。 

リモートまたはオンサイトでのデータセンターHW/SWのサポート

IBM Technology Support Services(TSS)は、お客様のITの保守とサポートのすべてのニーズ(ハードウェアとソフトウェアの両方)に対応する一本化された窓口です。IBMでは、システムの可用性を最適化し、ITの複雑さを軽減するのに役立つ、すべてのHW/SW(IBMとその他のOEM製品を含む)用のライフサイクル管理ソリューションを提供します。

モバイル・サービスとデジタル・ワークプレースでの新しい働き方の詳細はこちら

ガートナー社:IBMがマジック・クアドラントでリーダーに選出

ガートナー社は、マジック・クアドラントのマネージド・モビリティー・サービス分野でIBMを5年連続でリーダーに選出しました。

Forbes Insights: ボーダーレスなワークプレースのための青写真

安全で、協力して作業ができ、生産性の高い環境の実現に必要なテクノロジーをユーザーに提供する方法を説明します。

IDC:サポート体験の向上

多くの企業の従業員がITサポート用のAIを活用したツールに頼り始めているため、IDC社は批評的にこのトピックに焦点を合わせました。

力を合わせて乗り越えましょう。新型コロナウイルス対策へのIBMの取り組みの詳細をご覧ください。

IBMデジタル・ワークプレース・サービスに関するご相談

企業向けのモビリティー、BYOD、デスクトップの仮想化など、働き方改革に関するお問い合わせはこちらまでお気軽にご相談ください。

デジタル・ワークプレースの会話に参加する#digitalworkplace

IBMをフォロー

IBMをフォロー