IBMは2018年度第3四半期において製造業向けIoTソフトウェア・プラットフォームにおけるリーダーと評価されました(出典:米Forrester社の最新調査レポート)

一般的なIoTデバイス管理の障壁を切り抜ける

IoTソリューションが持つ可能性に魅了されるITチームは数多くありますが、IoT環境にはオペレーティング・システム、プロトコル、プラットフォームなどについて共通する規格がほとんどないことに、すぐに気が付くことになります。この問題に対処するため、デバイス、ゲートウェイ、ネットワークなどについて多くのベンダー企業と解決策を探らなければならなくなります。さらに、コストの上昇を招く可能性もあります。

IBM IoTデバイス管理サービスは、戦略からPoC(概念検証)、導入および継続的な管理まで、IoT導入のための管理ソリューションを大企業に提供します。IBMは、IoT実装のあらゆる段階でお客様へのアドバイスとサポートを提供します。

これらのサービスは、単一のプラットフォーム上に構築されます。これにより、PoCからフル・ロールアウトへの拡張がさらに容易になります。IoTデバイスの正常性がはっきりとわかるようになり、経営幹部に実質的なビジネス価値を示す能力が向上します。

IoT導入によるビジネスへの影響を短期間で測定可能に

ステージ1:構想化

ビジネス成果ベースのIoTデバイス・ソリューションをご検討ください。


見込み期間: 4週間から6週間

ステージ2:設計

拡張性の高いIoTデバイス・ソリューションを定義し、PoCとパイロットによって技術的な実現可能性を証明します。

見込み期間: 4週間から8週間

ステージ3:実装

定義された生産仕様を使用して、ソリューションをビジネス規模に導入します。


見込み期間: 24週間

ステージ4:管理

世界中のIoTエッジ・デバイスを単一の画面から監視および管理します。


見込み期間: 継続

ストレスなく、優れたIoTソリューションを立ち上げます。IBMがご支援いたします。

ROIを保証するのは、わずか5%未満のIoTの活用です。また、パイロット段階からビジネス規模へとソリューションを進めていくにあたり、様々な検証は重要な要素です。このお手伝いをできるのが、私たちです。私たちは各社のCIOから、ソリューションの定義・導入・管理や、大規模なIoTバリュー・チェーンを理解するための依頼を受けています。

キャロル・ジーチ, IBMグローバル・オファリング・マネージャー, エンタープライズ・モビリティー管理

OEMからプラットフォームおよびアプリケーションのプロバイダーまで、IBMの信頼できるIoTベンダーのエコシステムをご利用ください。

その他のサービス

IBMデジタル・ワークプレース・サービスに関するご相談

企業向けのモビリティー、BYOD、デスクトップの仮想化など、働き方改革に関するお問い合わせはこちらまでお気軽にご相談ください。

0120-550-210