IBMはマネージド・モビリティー・サービスのリーダーと評価されました(出典:米ガートナー社の最新調査レポート)

デバイスの正常性を測定するための新しい基準

Watsonによるデバイスの正常性は、デバイス・データから得られた洞察を分かりやすいデバイス正常性スコアに変換します。IT管理者は、単一のダッシュボードから組織内のすべてのデバイスの正常性を追跡して、デバイスのパフォーマンスが低下する時期とその理由を把握できます。

デバイスを一新する時期ではありませんか?

Watsonを使用したデバイスの正常性は、人工知能を使用して組織のデバイスの正常性スコアを判定します。

比類なき洞察

比類なき洞察

このソリューションの特許取得済みのテクノロジーは、市場でも前例のないものです。

デバイスの寿命の延長

デバイスの寿命の延長

デバイスの正常性スコアにより、どのデバイスが適切に稼働しているか、どのデバイスにもうすぐリフレッシュが必要になるか、どのデバイスを今リフレッシュするかが明らかになります。

支出の最適化

支出の最適化

デバイスのパフォーマンスについての洞察により、新しいデバイスの購入についての選択肢が示されます。

サポート・コストの削減

サポート・コストの削減

デバイスに不具合があると、余計なサービス・デスク呼び出しやサービス要求が生じます。

事前対応のサポート

事前対応のサポート

サポート・チームとの連携により、デバイスが故障する時期と理由についての洞察が提供されます。

適切なデバイスの決定を適切なタイミングで行うことは、IT管理者が組織の価値を高め、不要な支出を削減するための大きなチャンスにつながります。デバイスの正常性スコアを活用すれば、そのチャンスを生かすことができます。

Gene Morita, NONE, IBM GTSデジタル・ワークプレース・サービス

その他の参考情報

ソリューション概要

Device Health with Watsonがお客様の価値を高めるのにどのように役立つか、詳しく説明します。

インフォグラフィック

すべてのエンタープライズ・デバイスが正常性スコアを必要とする理由をご覧ください。

分析レポート

IDCは、企業の従業員がコグニティブなAI対応のヘルプ・デスクを活用してサポート体験を迅速化している状況を、厳しい目で検証しています。

IBMデジタル・ワークプレース・サービスに関するご相談

企業向けのモビリティー、BYOD、デスクトップの仮想化など、働き方改革に関するお問い合わせはこちらまでお気軽にご相談ください。

0120-550-210