概要

Managed Infrastructure as a Serviceモデルは、セルフマネージド・インフラストラクチャーのコストと問題を削減しながら、可用性と稼働時間を向上させます。

マネージドIaaSには、シングル・テナントとマルチテナントのインフラストラクチャーのオプション、オンプレミスとオフプレミスのオプションがあるため、メインフレームからx86 コンピューティングまでの完全なインフラストラクチャー・スタックがすべてハイブリッドクラウド上で提供されます。

メリット

単一で一貫したアプローチ

セキュリティー要件とガバナンス要件が満たされるように、プライベートクラウドとパブリッククラウドにわたり統一されたエクスペリエンスを提供します。

完全なインフラストラクチャー・スタック

コンピューティング、ネットワーキング、ストレージをすべて、マネージドas-a-Serviceのサブスクリプションとして提供します。

WANとLANでの接続

ハイブリッドWAN/LANを使用すると、ネットワーク接続環境のWANトラフィックを動的に管理できます。

Managed Private Cloud Infrastructure as a Service

従量課金モデルのマネージド・プライベートクラウドにより、資本とリソースを確保します。

SD WANサービス

ネットワーク接続環境のWANトラフィックを動的に管理できるようにします。

Zシステム上のクラウド・マネージド・サービス

コスト、技術の最新性の欠如、スキル保持の不足など、クラウド・ジャーニーでの障害を削減します。

関連サービス

クラウド・マイグレーション・サービス

クラウドの導入時に、スピード、パフォーマンス、拡張性、安全性を得て、最適な移行戦略を判断できるようにします。

クラウド戦略コンサルティング

ビジネス目標をITアーキテクチャーに結び付ける総合的なクラウド戦略を作成します。

お気軽にご相談ください

IBMは、コンサルティング、サービス、ソリューションの多方面からお客様の変革を支援します。