概要

クラウド導入サービスは競争上の優位性を実現

IBM Cloud Deployment Services(ICDS)は、単一のオーケストレーション・プラットフォームにマルチクラウド環境を統合することで、複雑さを軽減します。 既存のツールやアーキテクチャーと容易に統合され、テクノロジーに依存しません。

ICDSは、自動化されたパターンとワークフローによってDevOpsを向上させ、運用効率を上げ、サービスの導入時間を短縮します。ゼロ・タッチITによりリソース管理を支援し、セルフサービス・ポータルでガバナンスの問題を追跡します。独自のプラットフォームを構築することにより、クラウドネイティブなインフラストラクチャーをサポートして、仮想化とコンテナ・オーケストレーションを実現します。

クラウド導入サービスを利用するメリット

高速のプライベートクラウドとハイブリッドクラウド

オンプレミス環境とオフプレミス環境にわたり、アプリケーション・ワークロードを迅速かつ簡単に導入できます。 ソリューションの青写真は、設計と構築において、サービス管理の統合を通じて最適化されます。

タスクのサービス・レベル

マルチクラウド・サービスが、必要に応じて提供され、タスクごとに適切な規模とサービス・レベルに合わせて拡張されます。

効果的なモニターと管理

セルフサービス・ポータルとグラフィカルに統合された開発環境により、合理化された予算、請求管理と課金管理に加えて、ガバナンス問題の追跡とITリソースのニーズの上限設定が可能になります。

メリット

さまざまなクラウド・モデルで管理対象ITサービスを使用

セルフサービス・ポータルを通じて、カタログ・アイテムとしてマネージド・エンタープライズITサービスを利用できます。

ソリューション青写真の作成、公開、再使用

カタログからパターンを選択し、プロビジョニングを使用して選択したパターンを導入すると、アプリケーション・ワークロードのソリューション青写真を数分で設計、構築、公開できます。

コグニティブ・テクノロジーを使用した管理と監視

コンソールとカタログを使用して、使用量を効率的に管理し、サービス要求を迅速に承認し、サービス利用量のユニットをLOBに容易にチャージバックできます。

参考情報

拡張可能なプラットフォームの構築

抽象的なイメージ

IBM Cloud Deployment Servicesを使用すると、多様性、速度、ボリュームに対応するように設計されたオープンな統合プラットフォームを使用して、競争上の優位性を獲得できます。

多様性、速度、ボリュームに対応するクラウドの構築

IBM Cloud Deployment Servicesは、エンタープライズ対応の標準的な青写真を利用した、コンテナ・ワークロードと仮想化ワークロードの両方のためのインテリジェントなフルマネージドのマルチクラウド・オーケストレーションと自動化プラットフォームを提供します。

お気軽にご相談ください

IBMは、コンサルティング、サービス、ソリューションの多方面からお客様の変革を支援します。