概要

クラウド・アーキテクチャー・デザイン・サービス

IBMクラウド・アーキテクチャー・デザイン・サービスは、クラウドの採用と最適化の阻害要因に対処するための包括的なガイダンスを提供します。 お客様のビジネス・ニーズが確立されると、クラウド・アーキテクチャー・デザイン・サービスは、インフラストラクチャーとプラットフォーム戦略、改善されたセキュリティーとサイバー・レジリエンス、管理モデルとが統合された、カスタマイズされたビジネス対応プランの提供を支援します。

このビジネス対応プランでは、セルフサービスのオーケストレーションや自動化などの最新のクラウド機能を取り入れることにより、安全にイノベーションを達成できます。 また、レジリエトなクラウド・プラットフォーム間でワークロードとデータを分割してリスクを最小限にすることで、ダウンタイムを削減し、合理化された復旧計画を実現できるようにします。

メリット

クラウド・アーキテクチャー・デザインにより、より大きな価値を達成するための戦略策定が可能に

最新のクラウド機能を使用

セルフサービス、オーケストレーション、自動化など、先進のクラウド機能により、今日のトレンドの一歩先へ

リスクの最小化

複数のレジリエントなクラウド・プラットフォームにワークロードとデータを分散させることで、ダウンタイムを短縮し、迅速な復旧計画を実現

セキュリティーの統合

マルチクラウド・デプロイメント全体で、コンプライアンスにも対応する安全性の高い環境をサポート

クラウド・テクノロジー戦略とロードマップ

テクノロジー・ロードマップでは、ハイブリッド・マルチクラウド・ソリューションの技術戦略とアプローチを定義して、インフラストラクチャーのモダナイゼーションとイノベーションの拡大に関するアーキテクチャー・ロードマップを提供します。

クラウド・テクノロジー・アーキテクチャー

クラウド・テクノロジー・アーキテクチャーは、企業のマルチクラウドやアーキテクチャーの要件に対応する、単一ターゲットのクラウド・ソリューション・アーキテクチャーです。 そのデザインでは、セキュリティー要件、レジリエンシー、管理モデルが統合されます。

クラウド・レジリエンシー・アーキテクチャー

クラウド・レジリエンシー・アーキテクチャーは、プログラマチック・ライフサイクル・アプローチを採用して、ハイブリッド・マルチクラウド環境での重要なワークロードを保護します。

クラウド・サービス管理アーキテクチャー

クラウド・サービス管理アーキテクチャーでは、管理フレームワークとツールを使用して、プラットフォーム全体でのビジネスの処理と影響に関する一貫したビューが提供されます。

お気軽にご相談ください

IBMは、コンサルティング、サービス、ソリューションの多方面からお客様の変革を支援します。