概要

IBM DRaaSは、重要なITビジネス・プロセスとデータを確実に復旧し、ビジネスのレジリエンシーを高められるようにします。また、健全性の監視や、アプリケーション、インフラストラクチャー、データ、クラウド・システムの継続的なレプリケーションなど、包括的な災害復旧サービスも提供します。

DRaaSでできること

ハイブリッド・マルチクラウドでのレジリエンシーの管理における自動化の役割

合理化された、迅速な復旧

ソフトウェア定義の復旧環境で自動化と迅速なプロビジョニングを行う信頼性の高い災害復旧オーケストレーションを提供し、エラーとリスクの低減、テストとドキュメント化のためのリソースの縮小に貢献します。

最適化されたレジリエンシー

重要なITサービスの保護に対し、最適なレジリエンシーとリスク・ベースのアプローチを提供します。クラウドのテストとDRプロセスの検証は、組織のレジリエンシーの増強と復旧時間の短縮に役立つ洞察とシナリオを提供します。

データ駆動型のサービス環境

中断を生じることなく、1時間未満でIBM Cloud上にDRaaSを迅速にセットアップし、実装します。DRaaSは、DRテストの実行と、パッチとアップグレードのテスト用のデータ駆動型のサービス環境を提供します。

メリット

RTOとRPOの改善

迅速で検証可能なRTOとRPOを数分、数秒、あるいはほぼゼロ秒で取得します。

カスタムを含む複数のデリバリー・モデル

プライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウドを含め、ほとんどのコンピューティング・プラットフォームに災害復旧サービスを提供します。

災害復旧サービスの費用削減

自動化により、クラウドの災害復旧に必要なITスタッフを削減でき、社内の災害復旧サーバーの必要性を最小限に抑えることができます。

参考情報

災害復旧とDisaster Recovery as a Service(DRaaS)

オンプレミスのDRソリューションとIBM DRaaSの複数年サブスクリプションを比較してみましょう。総運用コストに 注目してください。

IDC BV評価ツール

分析を実行してください。運用リスクとビジネス・リスク軽減のメリットをご確認ください。

ハイブリッド・マルチクラウドでのレジリエンシーの管理における自動化の役割

災害復旧自動化の原動力、トレンド、期待されることについてご説明します。

関連ソリューション

レジリエンシー・オーケストレーション・サービス

モニター、レポート作成、テスト、ワークフローの自動化などの機能による災害復旧サービスを提供します。

事業継続サービス

脅威、特にサイバー攻撃への対応方法を改善しながら、事業運営と重要なデータを保護します。

サイバー・レジリエンス・サービス

サイバーセキュリティー、事業継続性、ネットワーク・レジリエンスを組み合わせて、サイバー・インシデントの最中や後に事業を確実に継続できるようにします。

お気軽にご相談ください

IBMは、コンサルティング、サービス、ソリューションの多方面からお客様の変革を支援します。