企業の25%が、サイバー攻撃に晒されています。 貴社はシステムを確実に復旧する準備ができていますか?

デジタル変革やハイパー・コンバージェンスへの対応が、意図せず脆弱性、攻撃、障害を招いてしまうことがあります。IBMは、戦略的なサイバー・レジリエンス・サービスにより、サイバー攻撃のリスクに対する防御はもちろん、重要なアプリケーションやデータの保護、そして情報漏えいや障害からの復旧を、迅速かつ柔軟にそして確実に実行できるよう、支援します。

世界中の企業が、サイバー攻撃への対策に苦戦を強いられ続けている理由とは?

IBMのサイバー・レジリエンス・サービスは、先進テクノロジー、事業継続性や災害復旧に関する豊富な実績をもとに、堅固で統合されたIT回復計画の策定をご支援します。

リスクや脆弱性を特定

重要な業務アプリケーションと関連するリスクをピンポイントで特定し、中断によるビジネスへの影響を分析し、事業継続性と災害復旧に対する準備状況を評価します。

アプリケーションとデータを保護

エアギャップによるデータ保護テクノロジーおよびイミュータブル(不変)ストレージ・テクノロジーを使用して、悪用される前に重要な業務アプリケーションやデータを保護します。

データ破壊および構成異常を検出

テストの自動化と、バックアップされたデータの検証によってシステム構成ファイルの変更を素早く検出して、迅速に問題に対処し、ダウン時間を削減します。

最新情報

BCPも「もしも」から「常に」の時代に。ビジネスを守るためのシステム復旧力に自信がありますか?

ITリーダーの課題を解決するソリューションを、約30分でわかりやすくご紹介します。

ポネモン・インスティテュート社による2017年度の情報漏えいのコストに関する調査

統合化された戦略は、情報漏えいにかかる総コストを16%、データ侵害の再発の可能性を28%、それぞれ削減することが可能です。

企業の25%がサイバー攻撃される時代、外せないBCP(事業継続計画)の要素とは?

サイバー攻撃への対策が十分ではない企業がまだまだ多い今、サイバー攻撃によるシステム停止から復旧する際、具体的にどのような方法を取るべきなのか、サイバー攻撃のリスクに備えたBCPの策定方法などをご紹介します。

「サイバー・レジリエンシー」 = 「セキュリティー + レジリエンシー」

サイバー・レジリエンシーに関する最新情報を、IBMのエキスパートがBlog形式でご紹介します。

サイバー・レジリエンス・サービスについて詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

幅広い領域で、多くのお客様の課題を解決してきた実績をもとに、スペシャリストが対応いたします。

電話番号 0120-550-210

関連サービス

IBMレジリエンシー・オーケストレーション

災害復旧管理のオーケストレーションと簡素化により、リスクを軽減しながら、可用性、効率性、ビジネスの信頼性を向上させることができます。

Disaster Recovery as a Service

重要なアプリケーション、インフラストラクチャーやデータをクラウドへ継続的に複製することで、迅速な復旧を可能にします。

IBM Resiliency Backup as a Service

柔軟かつ高速なクラウド・ベースのバックアップとリカバリーによってデータを保護します。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード: Services