ビジネス・レジリエンシー: 事業継続戦略に変革の時期が到来している理由(出典:米Forbes Insights社の最新調査レポート)

中断を伴うイベントに関する対応能力とリカバリー能力を向上

平均して、インフラストラクチャー障害のコストは1時間当たり10万ドル、重大なアプリケーション障害のコストは1時間当たり50万から100万ドルに上ります。  - IDC

事業継続性に関連する潜在的なインシデントやサイバー攻撃に対する計画を立てておくことで、ダウンタイムを最小限に抑え、事業継続性(英語)ITの災害復旧(英語)、企業の危機管理能力や法規制遵守の面における改善を継続的に行うことができるようになります。

IBM事業継続性コンサルティング・サービスは、ビジネス・プロセス、アプリケーションやITインフラストラクチャー間のレジリエンシーの同期を特定して対処するのに役立ちます。IBMは、アセスメント、計画立案と設計、実装、テストやフル・レジリエンシー・プログラム管理などを含めお客様固有のニーズに対応するための、事業継続と災害復旧に関する柔軟なコンサルティングを提供します。

サイバー攻撃への備えはできていますか?

IBM事業継続性コンサルティング・サービスを活用して中断を伴うイベントに関する計画や復旧を実現

評価

中断によるビジネスへの影響と対応の準備状況について理解する

計画と設計

復旧と重要なビジネス・サービスの再始動を実行するためのレジリエンシー戦略を設計する

実装とテスト

シナリオ・ベースの演習および代替環境の復旧テストを使用して、レジリエンシー・プログラムを使用可能にする

管理と維持

プログラム管理サービスに取り組み、持続可能なレジリエンシー環境を維持し、レジリエンシーの準備状況を監視する

お客様のビジネスを今すぐサイバー攻撃から保護しましょう。IBMがご支援いたします。

経営幹部の80%が、混乱の余波の中でも災害復旧計画を用いて事業を遂行できると考えていますが、災害復旧プログラムにすべての基幹業務アプリケーションが盛り込まれていると答えた幹部はわずか22%にすぎません。

Forbes Insights、ビジネス・レジリエンシー: 今こそ継続性戦略を変革する時(2017年)

レジリエンシー・サービスについて詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

サイバー・レジリエンシー、事業継続、災害復旧、バックアップ、データセンターなど、幅広い領域で、多くのお客様の課題を解決してきた実績をもとに、スペシャリストが対応いたします。