最新情報

2019年12月18日:IBM FormWave for Notes V3.4.5 - update 2019  IBM FormWave for Notes の最新パッケージとして、FormWave for Notes V3.4.5 - update 2019 がリリースされました。

過去の情報

製品概要

IBM Notes/Domino上でワークフロー・システムを簡単構築 業務プロセスにおける生産性向上への特効薬

IBM Notes/Dominoを基盤とした情報共有から、さらに一歩先へ

現在、電子メールや情報共有の仕組みとして IBM Notes/Domino が多くの企業で利用されています。しかし、今日のビジネス環境においては、もう一歩踏み込んだ、より一層の業務改革と効率化が企業に求められています。同時に、これからの情報投資は、投資額に対する効果の測定、つまり投資効果が明確に算出できる仕組みを前提に検討する必要があります。

こうした問題や要求に対し、投資効果が算出しやすく、効果の著しいものとして注目されているのがワークフロー・システムです。ワークフロー・システムを構築することによって、オフィス・ワークの生産性を大幅に向上することができ、無駄のない業務プロセスの実現が可能になります。さらにワークフローの適用業務を広げれば、企業の意思決定や経営のスピード・アップにも貢献できます。

IBM Notes/Domino を基盤とした情報共有をさらに効率化を図るワークフロー・システムのイメージ

多彩な機能を備えたFormWaveなら、導入後すぐに使いやすいワークフロー・システムを実現

FormWaveなら、ワークフロー・システムの構築に必要な機能を標準装備。さまざまな業種や規模をカバーし、お客様のビジネス・プロセスの効率化を短期間かつ容易に実現します。

使いやすいワークフロー・システムのイメージ

GUI画面で簡単に経路定義

定義クライアントは複雑な経路もマウス操作で簡単に設定でき、次の情報を定義できます。

  • 伝票情報の定義
    伝票タイトル・伝票ID・管理者情報など
  • 伝票上に設定されるフィールドの定義
    フィールド名・属性(必須入力・オプション・入力不可)など
  • ノードの定義
    伝票経路上で処理を行うユーザー(起票者、承認者、上司、役職)・プログラム・サーバー転記・ 保管箱の指定
  • 経路の定義
    Fromノード・Toノード・イベント(起票/承認/却下)による経路指定など
  • オプション
    代行の禁止・動的経路の追加禁止・期日指定・完了通知メモの指定
IBM Notes/Domino を基盤とした情報共有をさらに効率化を図るワークフロー・システムのイメージ

Webブラウザにも対応した柔軟な操作環境

IBM Notes はもちろん、Webブラウザからも伝票操作が行え、IBM Notes とWebブラウザの混在もサポートされます。オンラインによる状況表示で、IBM Notes、Webブラウザにまたがった処理状況が即座に把握できます。

IBM Notes/Domino を基盤とした情報共有をさらに効率化を図るワークフロー・システムのイメージ

稟議や各種承認など、複雑な例外処理を前提とした基本設計

申請業務から基幹業務まで、さまざまな分野で活躍

例:日常発生する旅費精算業務をシステム化

出張/仮払い申請から精算までの一連の流れを効率的に処理できます。

  • 事前申請された出張/仮払申請書および精算伝票処理を効率的に実施。
  • 手当/勘定科目/交通機関などのマスター化により入力データを標準化。
  • 手当金額は申請者の職位によって設定。
  • 申請伝票は申請者別/日別/部門別に一覧表示。
  • 承認データをCSV形式でファイル出力し、経理システムと連携可能。
IBM Notes/Domino を基盤とした情報共有をさらに効率化を図るワークフロー・システムのイメージ

FormWave for Notesの特長

大規模システムにも対応

メール型とデータベース型を組み合わせた独自のハイブリッド・ネットワーク型アーキテクチャーで、小規模システムから数万クライアントの大規模システムまで対応が可能です。

柔軟な例外処理対応機能

フローの途中で経路を追加したり、帳票の内容に応じて承認者を決定することが可能です。

開発生産性の向上

ワークフロー構築に必要な機能を標準装備。開発期間の大幅な短縮が図れます。

※日本IBM社内システム(稼働中)での実績では、FormWaveによるワークフロー・システムの開発工数は、IBM Notes/Domino 単体での予想開発工数の4分の1。

その他の機能

組織情報との連携

FormWaveアドレス帳に上司情報、役職・グループ情報を登録していただくことにより、役職、グループ名での経路指定ができます。

印鑑・サインの表示

あらかじめFormWaveアドレス帳に印鑑・サインを登録しておけば帳票に処理者の印鑑・サインを表示させることができます。

帳票処理状況の参照

帳票の処理者(起票・承認・却下)はその帳票の処理状況を画面で参照することができます。

設計公開による自由度の高いカスタマイズ

クライアントDBの設計をすべて公開しており、DBの設計変更など自由度の高いカスタマイズが可能です。

適用実績

  • 日本国内を中心に約800社で採用
  • IBM社内のワークフロー・システムとして稼動

価格

2017年1月1日時点

 

パーツ番号 ライセンス名 価格(税別)
D50LNLL サーバー・ライセンス (ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 1st付) 202,000円
D50LQLL 新規ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 120,800円
E0052LL 継続ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 40,400円

 

※ 上記価格はパスポート・アドバンテージエクスプレスの価格です。 ※ PAX以外の価格につきましては、弊社担当営業もしくはビジネスパートナーまでお問い合わせください。 ※ 表示金額は事業者向けの本体価格であり消費税は含まれていません。

 

パーツ番号 ライセンス名 価格(税別)
D50LXLL ユーザー・ライセンス (ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 1st付) 8,560円
D50M0LL 新規ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 5,264円
E0055LL 継続ソフトウェア・サブスクリプション&サポート 1,799円

 

※ 上記価格はパスポート・アドバンテージエクスプレスの価格です。 ※ PAX以外の価格につきましては、弊社担当営業もしくはビジネスパートナーまでお問い合わせください。 ※ 表示金額は事業者向けの本体価格であり消費税は含まれていません。

 

サポート情報

有効なソフトウェア・サブスクリプション&サポート

IBMパスポート・アドバンテージで提供されるFormWave for Notesに対する「ソフトウェア・サブスクリプション&サポート」のサービスをご利用いただくには、FormWave for Notesのサーバーおよびユーザーの両ライセンスの全ソフトウェア・ライセンス数分の「ソフトウェア・サブスクリプション&サポート」が入手され有効になっている必要があります。

稼動環境

前提となるハードウェアとソフトウェアをご確認ください。

関連製品

IBM FormWave for WebSphere

IBM WebSphere Application Server上で動作するサーブレット、JSP、EJBなどのJava EEに準拠したJava技術を活用したワークフロー・アプリケーションの開発を容易に実現するミドルウェア。

電話でのお問い合わせ:0120-550-210 | 識別コード:Services

IBMをフォローする

IBMをフォローする