Caleb Barlow

Caleb Barlow

X-Force Threat Intelligence担当統括責任者

CalebはIBMのX-Forceを指揮者であるとともに、IBM X-Force Commandに関する将来のビジョンを持つ先見者です。また彼は世界的に認められたセキュリティー・プロフェッショナルであるだけでなく、ソートリーダーでもあります。あのTEDステージにも登壇したことがあり、彼の専門知識は、Wall Street Journal、Washington Postなどの各種出版物や国内放送で取り上げられています。

Chris Crummey

Chris Crummey

エヴァンジェリズムおよび広報担当エグゼクティブ・ディレクター

ChrisはX-Force Command Centersを指揮しています。X-Force Command Cyber Rangeでは専門家アドバイザーのチームを取り仕切っており、これまでにケーススタディやブリーフィングを通じて数千人の経営幹部に講義をしました。セキュリティー・ブリーチ対応におけるベスト・プラクティスの専門家としての評価は絶大です。

Erno Doorenspleet

Erno Doorenspleet

グローバル・エグゼクティブ・セキュリティー・アドバイザー

ITのガバナンス、運用、セキュリティー・リスク、管理に20年以上の経験があり、ビジネスとITの関係やクラウド・コンピューティングとセキュリティーの関係に関する常連講師です。

Daniel JW King

Daniel JW King

運用責任者、米国陸軍大佐(退役)

Danielは数十年間、米国国防総省で世界危機とインシデント管理のリーダーとして従事するとともに、米国サイバー司令部の通信部長や報道官も務めてきました。この経験を活かして、国レベルの課題を抑制する、組織向けの統合対応ソリューションを構築しています。

JC Vega

JC Vega

エグゼクティブ・セキュリティー・アドバイザー、米国陸軍大佐(退役)

JCは29年間米国陸軍に従事し、リーダー、アドバイザー、メンター、さらにはサイバー作戦部長や米国陸軍士官学校のサイバー・インストラクターなど、数々の役務を担ってきました。

陸軍および国家レベルで戦略的なサイバー・プログラムを構築したり、非常に過酷な環境で戦闘と後方支援の任務を遂行するためにチームを準備したりするなど、幅広い経験があります。

Nat Prakongpan

Nat Prakongpan

C-TOCテクニカル・ディレクター

エンジニアとアーキテクトのエリート・チームを主導し、テクノロジー動向を予測する鋭い能力で、サイバー犯罪における最新テクノロジーに先んじるインフラストラクチャーの設計を支援しています。

Allison Ritter

Allison Ritter

クリエイティブ・ディレクター

メディア・アートやセキュリティー業界で磨いた才能を活かし、実世界での攻撃に基づいて、極めて現実的な没入型のセキュリティー・ブリーチ・シミュレーション用のストーリーを作成しています。

Matt Dobbs

Matt Dobbs

チーフ・インテグレーション・アーキテクト

戦略とソリューション開発の最前線で、X-Force Commandのお客様が、状況の認識、脅威の検出、対応のオーケストレーションを向上させるお手伝いをいたします。

Pompeo D'urso

Pompeo D'urso

C-TOCアーキテクト

以前は、金融セクターのお客様向けクライアント・アーキテクトであり、現実的な没入型の体験ができる仮想環境をC-TOC内に構築しています。

Timo Ernst

Timo Ernst

ソフトウェア・エンジニア

高いスキルを持つソフトウェア・エンジニアで、Fortune 100企業とスタートアップ企業の両方で勤務経験があります。X-Force Command体験に向けた最先端のアプリケーションを開発しています。

Sophia Smith

Sophia Smith

C-TOCプロダクトおよびサービス・アーキテクト

金融市場向けのサイバーセキュリティー・テクノロジー専門家としての経歴を持ち、C-TOCでの顧客体験の開発にクリエイティブな情熱を注いでいます。

John Clarke

John Clarke

ゲーミフィケーション・ストラテジスト

ゲーミフィケーションを使用して、クラスルーム外の人々をエンゲージしています。IBMの倫理的なハッキング・チームの一員であり、最新の攻撃の調査に特化したHoneynet Projectに属しています。

Hayley Cohen

Hayley Cohen

脅威ゲーミフィケーション・エンジニア

トップレベルの大学でのコンピューター・サイエンスの学位とソフトウェア・エンジニアとしての経験を活かして、お客様独自のシナリオを構築しています。

Richard Moore

Richard Moore

脅威ゲーミフィケーション・エンジニア

高度で高負荷の状況をシミュレートした体験型トレーニング・シチュエーションを開発しています。

Louisa Haiduk

Louisa Haiduk

脅威ゲーミフィケーション・エンジニア

ビジュアリアゼーション、サウンド、ストーリー活用の専門家であり、実世界のシチュエーションに沿ったルック・アンド・フィールを顧客体験にもたらす高負荷シミュレーションの作成を支援しています。

Anthony "Tone" Johnson

Anthony "Tone" Johnson

統合およびテスト担当エンジニア

テクニカル・サポート、お客様サポート、QA、エンジニアリングの経歴を活かして、技術的な品質の確保やX-Force Commandのサポートとソリューションを支援しています。

Alexandra Kroon

Alexandra Kroon

C-TOCファシリテーター

業務経歴とサイバーセキュリティーに関する専門知識を活かし、サイバー・インシデントによるC-TOCのお客様のビジネス全体への影響を軽減するよう、堅固な対応計画の策定をお手伝いします。

Chris Wilkes

Chris Wilkes

機能アーキテクト

ChrisはIT運用アーキテクトとして20年を超える経験があり、複雑なグローバル企業環境を保護する最前線から、X-Force Command Cyber Rangeに実世界体験をもたらします。

Etay Maor

Etay Maor

エグゼクティブ・セキュリティー・アドバイザー

Etayは、IBMのエグゼクティブ・セキュリティー・アドバイザー、調査員、およびエバンジェリストです。以前は、RSA社でサイバー脅威研究所を率いていました。業界のイベントや教育機関の上級クラスで定期的に講演を行っており、出版業界および放送メディアに専門的なコメンテーターとして登場しています。サイバー攻撃および国土安全保障の研究を中心に、テロ対策の修士号を保有しています。

お客様に合わせた独自の体験

X-Force Command Cyber Range

世界唯一のエア・ギャップされたフルスケールのサイバー・レンジであり、インシデント・コマンド・スタッフとフュージョン・チームの全員に対応できます。

エリート訓練チームによる指導で、没入型シミュレーションを体験しましょう。

X-Force Command Cyber Tactical Operations Center

IBM® X-Force® C-TOCはユニークな移動式のサイバー体験設備であり、サイバー・レンジやサイバー調査用の無菌環境、特殊なセキュリティー・イベント用のオンサイト・サイバー監視フロアとして構成できます。

X-Force Command Executive Briefing Centers

経験豊富なインシデント・レスポンダー、侵入テスター、Design Thinkingの専門家、IBMのエグゼクティブと話し合い、サーバーセキュリティーとインシデント対応に関するお客様のストラテジーを構築して磨きをかけます。

ニュースで取り上げられたX-Force Commandの専門家

企業がセキュリティー・ブリーチへの準備をする方法

銀行がサイバー犯罪行為と戦うために軍事戦術を採用

インシデント対応チームはサイバーセキュリティーのための緊急連絡先

準備と対応の機能をアップグレード

マネージド・セキュリティー・サービス

IBM Managed Security Servicesと協力して、セキュリティー・プログラムを構築、変革、監視します。

インシデント対応

IBM X-Force Incident Response and Intelligence Services(IRIS)は、セキュリティー・インテリジェンスとサービスを提供することで、インシデントの管理や、避けられない事態が発生したときの迅速な修復を支援します。

侵入テスト

自分より先に犯罪者に弱点を発見させてはなりません。IBM X-Force Redチームは、ネットワーク、アプリケーション、ユーザー、および物理的防御をテストします。