サイバーセキュリティーの問題が発生した際はX-Force®チームに支援をご依頼ください。

概要

組織で従来の脅威インテリジェンス管理手法を使用している場合、その手法が今日のサイバー脅威環境では長続きしないことはすでに明らかです。 スプレッドシートとEメールを手動で維持する取り組みは、チームに負担を強いることになります。 さらに、この手法では重要なデータ・ソースから必要な価値を引き出せません。 強力な信頼できるインテリジェンスがなければ、脅威に迅速に対応するために必要な洞察を得ることができません。

メリット

脅威分析を拡充する

脅威グループ・プロファイル、マルウェア分析レポート、マルウェア検出ルール、ほぼリアルタイムの脅威インテリジェンスから抽出された脅威アクティビティーの洞察を使用して、インシデントの検出と対応を集約します。

脅威インテリジェンスの検出と共有を最適化する

セキュリティー・ツール統合とオープンソース・インテリジェンス(OSINT)フィードのエコシステムを介して、内部と外部のデータ・ソースから収集した脅威インテリジェンスを自動化することで、チームが脅威データをより迅速に検出、共有するのを支援します。

専門知識と脅威インテリジェンスを組み合わせる

セキュリティー専門家とともに脅威インテリジェンス管理を簡素化することで、攻撃に対して先手を打てるようにします。専門家は、最新の脅威データを提供する、自動化されたサイバー脅威プラットフォームの設計、構築、運用を行えます。

関連のサイバー脅威インテリジェンス・サービス

サイバー脅威管理

オフェンシブ・セキュリティー・サービス、マネージド・セキュリティー・サービス、インシデント対応、AI、および継続的改善を統合します。

セキュリティー・インテリジェンスの運用とコンサルティング

インテリジェンス駆動型の運用における成熟度をさらに高めます。 IBMのコンサルタントが、お客様の対策を評価し、詳細な分析と推奨によりセキュリティー・オペレーション・センターの設計や最適化を支援します。

インシデント対応サービス

エキスパートと連携したインシデント対応サービスを使用して、サイバー・インシデントへの対応準備を強化し、セキュリティー侵害の影響を最小限に抑えます。

追加の脅威インテリジェンス・サービス

脅威インテリジェンスの成熟度をさらに高めるための追加サービスを利用することで、中心的な脅威インテリジェンス管理を補完することができます。

  • サイバー脅威インテリジェンス・プログラム評価:ギャップ分析、プロジェクト・ロードマップ、悪意のあるアクティビティー・レポート
  • X-Forceの戦略的脅威評価:感染ベクター、脅威の手法および手順を検証
  • X-ForceダークWeb分析:生データを実用的な情報に変換するためのターゲット分析
  • マルウェア・リバース・エンジニアリング:サイバー脅威の変種を発見し、攻撃をコンテキスト内で捉えます

初のサイバー・ラボがロサンゼルスで誕生

デジタル化がますます進む環境でコミュニティーを保護するために、米国ロサンゼルス市はIBM®と提携し、オンライン犯罪活動を簡単に報告できるようにするサイバー情報共有グループを創設しました。 信頼できる投稿者からの脅威インテリジェンスを蓄積することで、サイバー犯罪防止のためにデータを有意義な知識や断固たる行動に変えられます。

脅威インテリジェンスの洞察向けのセキュリティー・プラットフォーム

関連ソリューション

インサイダー脅威への対策

お客様のネットワークへの正当なアクセス権限を持つ個人は、組織に被害をもたらす形でそうしたアクセス権限を悪用する可能性があります。 インサイダー脅威から保護する方法をご覧ください。

セキュリティー情報とイベント管理(SIEM)ソリューション

情報を一カ所で可視化することで、全社的に最も深刻なサイバーセキュリティーの脅威を検知、調査し、それに対応します。

お問い合わせ