いまだかつてないトレーニング車

IBM® X-Force®コマンド・サイバー・タクティカル・オペレーション・センター(C-TOC)は、23トンの移動式サイバー戦力で、業界初のモバイル・サイバー・レンジと監視フロアを必要な場所であればどこへでも提供します。 

X-ForceコマンドC-TOCは、没入型トレーニング・サイバー・レンジ、レッド・チーム結成およびキャプチャー・ザ・フラッグ競争のプラットフォーム、あるいは特殊なセキュリティー・イベントの監視フロアとしても構成できます。 

このユニークなサイバー体験、最強の車両体験をどのように構築したかを説明します。

サイバー・タクティカル・オペレーション・センターとは

タクティカル・オペレーション・センター(TOC)は、司令本部と技術者がオペレーションを監視して通信回線を維持する指揮所として、軍や警察に利用されます。TOCは、天幕やトラック内の現場で一足飛びに配置することができます。

X-ForceコマンドC-TOCは、以下の機能を考慮して構築されました。企業のIT環境全体を稼働して、シミュレーション・トレーニング、インシデント対応、タクティカル・オペレーションを行うことができます。360度のインタラクティブな動画で、C-TOCの内部をご覧ください。

その他のX-Forceコマンド・エクスペリエンスの紹介

IBM X-Forceコマンドは、SOCから経営幹部、役員室まで、セキュリティー侵害の発生時に自信を持って対処できるようサイバー・レスポンダーをトレーニングします

X-Forceコマンド・サイバー・レンジ

緊急指令スタッフと連合チーム全体を収容できる世界唯一の本格的なエアー・ギャップ・サイバー・レンジです。精鋭の訓練人員の指示による没入型シミュレーションを体験できます。

X-Forceコマンド・エグゼクティブ・ブリーフィング・センター

経験豊富なインシデント・レスポンダー、侵入テスト担当者、デザイン思考の専門家、およびIBMエグゼクティブに相談して、サイバー・セキュリティーおよびインシデント対応戦略を策定・強化しましょう。

X-Forceコマンドの専門家の紹介

軍事。サイバー・セキュリティー研究。インシデント対応。セキュリティー製品の開発と統合。リーダーシップ。ゲーミフィケーション。これらは、サイバー初期応答者およびインストラクターのエリート・チームであるIBM X-Forceコマンド・アドバイザーが持つ、多くの資格のうちの一部です。

現実世界の攻撃に基づく集中訓練を通じて、高度に熟練した、実戦で鍛えられた専門家から学びます。

X-Forceコマンドの体験のニュース

企業がセキュリティー侵害に備える方法

IBMの移動式サイバー・セキュリティー訓練

インシデント対応チームはサイバー・セキュリティーの緊急連絡先

準備状況と対応能力の向上

マネージド・セキュリティー・サービス

お客様のセキュリティー・プログラムを構築、変換、監視するIBMマネージド・セキュリティー・サービスと連携しましょう。

インシデント対応

避けられない事態が発生した場合に、インシデントを管理して迅速に修復します。IBM X-Force Incident Response and Intelligence Services(IRIS)は、セキュリティー・インテリジェンスと事前対応サービスを提供します。 

侵入テスト

自分より先に犯罪者に弱点を発見させてはなりません。IBM X-Force Redは、お客様のネットワーク、アプリケーション、ユーザー、物理的防御をテストします。