会社の最悪の日に備える

セキュリティー侵害に対する備えとして、机上の演習と実地訓練のない運用手順書では十分とは言えません。サイバー担当者は、セキュリティー・オペレーション・センターから経営幹部および役員会、人事から広報までのビジネス部門に至るまで、流動的な一発勝負の状況で迷いなく行動するためのスキルと反射神経を必要とします。

IBM® X-Force®コマンドの専門家のエリート・チームは、法執行機関、情報機関、世界最大規模の多数の銀行、最大手のエネルギーおよびテクノロジー企業などの組織のチームに対して、危機対応の訓練を行っています。

シミュレーションやゲームの手法を取り入れた環境で、重要なサイバー・セキュリティーとリーダーシップのスキルが身に付く集中的な没入型体験により、組織の最悪の日に備えましょう。IBM X-Force コマンドを体感してください。

フュージョン・センターの監視フロアから侵害を体験する

フュージョン・チーム全体での集中した没入型のゲームの手法を取り入れた体験で、アドレナリンが出るのを感じます。戦うような訓練をします。

サイバー・ベスト・プラクティス研究室で学ぶ

高度に成熟したいくつかの業界からの何千人ものサイバー防御者によって得た教訓を活用しましょう。

実戦で鍛えられた専門家から学ぶ

インシデント対応、レッド・チーム活動、およびインシデント・コマンドを専門とする、専門家のエリート・チームと訓練を行います。

計画の準備

サイバー戦略とインシデント対応計画の作成時にサイバー・ギャップ分析を体験します。

チームとしての作業

フュージョン・センター・チームとして相互機能的に作業するか、悪者が攻撃に使用するのと同じツールを使用して攻勢に出ます。

勝つための行動

業界のKPIと照らしてチームのパフォーマンスを測定し、技術スキルやコミュニケーション、危機のリーダーシップについてのフィードバックを得ます。

お客様に合わせた独自の体験

X-Forceコマンド・サイバー・レンジ

インシデント・コマンド・スタッフとフュージョン・チーム全体を収容できる、世界唯一の隔離されたフルサイズのサイバー・レンジです。

エリート訓練チームによる指導で、没入型シミュレーションを体験しましょう。

X-Forceコマンド・サイバー・タクティカル・オペレーション・センター

独自のサイバー体験ができる移動式のIBM X-Forceコマンド・サイバー・タクティカル・オペレーション・センター(C-TOC)は、サイバー・レンジ、サイバー調査を実行するための機密保持処置された環境、または特別なセキュリティー・イベントのためのオンサイト・サイバー監視フロアとして構成することができます。

X-Forceコマンド・エグゼクティブ・ブリーフィング・センター

経験豊富なインシデント対応者、侵入テスト担当者、デザイン思考の専門家、およびIBMエグゼクティブと会って、サイバー・セキュリティーとインシデント対応の戦略を構築し、磨きをかけましょう。

X-Forceコマンドの専門家の紹介

軍事。サイバー・セキュリティー研究。インシデント対応。セキュリティー製品の開発と統合。リーダーシップ。ゲーミフィケーション。これらは、サイバー初期応答者およびインストラクターのエリート・チームであるIBM X-Forceコマンド・アドバイザーが持つ、多くの資格のうちの一部です。

現実世界の攻撃に基づく集中訓練を通じて、高度に熟練した、実戦で鍛えられた専門家から学びます。

X-Forceコマンドの体験のニュース

企業がセキュリティー侵害に備える方法

IBMの移動式サイバー・セキュリティー訓練

インシデント対応チームはサイバー・セキュリティーの緊急連絡先

このような、徹底した没入型シミュレーションが存在するとは知りませんでした。

最高収益責任者, Optiv社

緊急時への備えと対応の機能をアップグレードする

マネージド・セキュリティー・サービス

IBMマネージド・セキュリティー・サービスと連携して、セキュリティー・プログラムを構築、変革、およびモニターしましょう。

インシデント対応

IBM X-Forceインシデント対応とインテリジェンスのサービス(IRIS)は、セキュリティー・インテリジェンスとサービスを提供して、インシデントを管理し、避けられない事態が発生したときにも迅速に対処できるようにします。

侵入テスト

弱点を自分より早く悪者に発見させないようにしましょう。IBM X-Force Redチームは、ネットワーク、アプリケーション、ユーザー、および物理的な防御をテストします。