ウィルス・メールやスパム・メールなどの脅威からお客様を防御

Eメールを媒体としたサイバー攻撃被害がますます増えております。IBM Eメール・セキュリティー管理サービスは、 お客様のネットワークに届く前にEメールをクラウド環境でスキャンし、ウィルス・メールやスパム・メールなどの脅威からお客様を防御します。

ご利用いただいている多くのお客様に、ウィルス検疫・隔離の精度や使いやすさやを評価いただいております。 サービスの詳細情報をご希望のお客様は、IBMまでお問い合わせください。

サービスの内容

クラウド

ハードウェアやソフトウェアの導入が不要で、初期費用もかからず、ユーザー数に対して課金するので経済的

ITリソースの浪費低減

膨大なスパム・メールもネットワークやメール・サーバーに届く前に排除し、IT環境のリソースを有効活用

選べるメニュー

要件に合わせて、「アンチウィルス&アンチスパム」、さらに「コンテンツ・コントロール&イメージ・コントロール」を追加して、組み合わせ可能

このようなお客様におすすめします

インターネットでEメールをお使いのすべてのお客様が対象です。特に以下のお客様に有効です。

アンチウィルス

既にアンチウィルスを導入されているがウィルス除去をより確実に行いたいお客様

アンチスパム

迷惑メール(スパム・メール)にお困りのお客様

グローバルでの均一化

グローバルに展開されている拠点のメール・セキュリティーを均一に管理したいお客様

インターネットでの送受信

インターネットでEメールを大量に送受信されているお客様

独自のメール・サーバー

ISPのメール・サービスでない独自のメール・サーバーをお持ちのお客様

問題を知る

IBM X-Force 脅威に対するインテリジェンスの指標 2020

拡大する脅威の全貌とは?過去1年間に、IBM X-Forceの研究チームが取り上げた最も顕著な脅威をまとめたもので、毎年公開しています。

2019年 情報漏えいのコストに関する調査

データ漏えいが今日の企業に及ぼす影響を分析したグローバル調査結果です。

他の情報を調べる

IBM X-Force Threat Management の紹介

IBMセキュリティー、人と機械のインテリジェンスを組み合わせサイバーセキュリティー・インシデントを管理

GDPR対応を支援する包括的なフレームワーク