iris eye

セキュリティーの脅威を迅速に検出して対応

IBM® X-Force Incident Response Servicesと連携し、IBMのセキュリティー専門家がプロアクティブに脅威を見つけ出し、脅威に対応し、侵害が発生する前に最新の脅威インテリジェンスを適用します。

脅威の継続的な監視と詳細な調査はリモート側で開始され、長期にわたるプリエンプティブなソリューションについて実用的な応答計画が主要な利害関係者に提供されます。

サービスの内容

インシデント対応計画

実証済みの応答戦略により、さらに効果的にサイバー攻撃に対して準備し、対応します。

リモート側の脅威対応

セキュリティー情報とイベント管理(SIEM)ツールに統合される軽量のエンドポイント・センサーにより、継続的な脅威監視サービスを使用して、エンドポイントとネットワークのテレメトリーを提供し、360度の可視性と保護を実現します。

オンサイトのインシデント対応

ブリーチの検証済みのインシデントが発生した場合、即時にフォレンジック分析、抑制、修復の計画が実施されます。

24時間体制のアクセス

テスト済みの対応計画と、IBMのリモートおよびオンサイトの専門知識により、中断を最小限に抑えます。

ソリューションの内容

管理

防止、フォレンジック、抑制、撲滅、リカバリー、コンプライアンスを含むインシデントのライフサイクル全体を通して、さらに効率的に脅威を管理します

アクセス

高度なセキュリティー技術のスキルにリアルタイムにアクセスできます

拡張

継続的な監視と迅速な対応により、従来型のセキュリティー管理を拡張します

事前対応

プリエンプティブなインシデントへの準備、データ保存、詳細なデータ分析を提供します

問題を知る

サイバー犯罪の上位4つの傾向

企業が経験する可能性が最も高いサイバー犯罪のタイプを説明します。

2018年IBM X-Force脅威インデックス

現在の脅威の全貌に対する理解を深めることができます。

2017年情報漏えいのコストに関する調査

データ漏えいにはどのように対応するのでしょうか。評価して、 対応し、防止するのです。

オプションを知る

IBM X-Force IRIS Vision Retainer

インテリジェントな脅威防止とインシデント対応のソリューションです

セキュリティー・オペレーション・センターの構築

脅威に対するビジネスの保護を強化するためにセキュリティー・インテリジェンスを最適化する方法を説明します

実際に機能するセキュリティー・インシデント対応

コンピューター・セキュリティー・インシデント対応計画での上位10の間違い

お問い合わせ電話番号: 0120-550-210 (識別コード: Security)