クライアントへの攻撃を防ぐFireEyeをさらに強力に

クライアントを狙う各種標的型攻撃をサンドボックス環境を駆使して検知する FireEyeをIBMマネージド・セキュリティー・サービスが監視・運用し、お客様ネットワークシステムのセキュリティー強化をご支援します。

世代型APT対策アプライアンス FireEye

従来型対策製品では検出困難なAPT(標的型)攻撃を「見える化」

グローバルの大手企業1000社が採用したAPT対策専用の超高性能マルウェア・プロテクション・システム

 

IDCにより設定されている、2004年から唯一サイバー攻撃専門セキュリティー・カンパニーとして活動してきたFireEyeは、卓越したテクノロジーとソリューションを持って、IDCより設定されているSTAP(Specialized Threat Analysis and Protection)のマーケットにて圧倒的なシェアを誇っています。

今の対策で大丈夫ですか?製品検証を実施した大手企業において、マルウェア検出事例が多数報告されています。

ソリューションの特長

サンドボックスエンジン

高精度サンドボックスエンジンが従来型アンチウィルス製品では検出不可能なAPT攻撃を検出

リアルタイム分析

セキュリティー専門化が用いる高度な分析処理をリアルタイムに実施

グローバルに防御

世界中のFireEyeユーザーに対する攻撃情報をグローバルで共有、防御ルールとしてリアルタイムにフィードバック

無償お試しサービス

まずは無償評価にてFireEyeの効果を実感して下さい。機器のお貸し出しや現地設置、検知内容のレポート作成など、無償で提供致します。 無性評価をご 希望のお客様は、以下のリンクより「FyerEye無料お試しサービス希望」と明記の上フォームを送信するか、お電話にてお問い合わせください。

無料お試しサービスの流れを表す図

問題を知る

IBM X-Force 脅威に対するインテリジェンスの指標 2018

2017年の注目すべきセキュリティー・イベントと今後の展望

2017年 情報漏えいのコストに関する調査

データ漏えいが今日の企業に及ぼす影響を分析したグローバル調査結果です。

他の情報を調べる

IBM X-Force Threat Management の紹介

IBMセキュリティー、人と機械のインテリジェンスを組み合わせサイバーセキュリティー・インシデントを管理

GDPR対応を支援する包括的なフレームワーク

お問い合わせ電話番号: 0120-550-210 (識別コード: Security)