特権アクセス管理(PAM)ソリューション

アクセス管理、アプリケーション制御、エンドポイント・セキュリティーのために、IBM Security Verify Privilegeを使用し、サーバー攻撃のリスクを減らし、デジタル・ビジネスを保護します。

キー、幾何学図形、認証ログイン・ボックスに囲まれた大きな目が特徴の抽象画

概要

エンドポイントと特権資格情報の保護

データ侵害は、ほとんどの場合、エンドポイントへの侵入と特権資格情報の漏洩に起因します。 そのため、特権アカウントの監視と保護が重要となっています。 また、ローカル管理者権限がサイバー犯罪者の主な標的であるため、 機密データを徹底的に保護するには、エンドポイントと特権資格情報の両方を保護する制御を導入する必要があります。


PAMの構成要素

インストール

すぐにインストールでき、すぐに使用可能な監視ツールとレポート作成ツールを使用してPAMを迅速に導入します。 エンドポイントに最小限の特権アクセスを設定します。

保護

拡大する攻撃対象全体を管理するために、複数のデータベース、アプリケーション、ハイパーバイザー、ネットワーク・デバイス、セキュリティー・ツールにすばやくアクセスします。

制御

オンプレミスへの直接制御とクラウド特権アクセス管理でカスタマイズします。 DevOpsパスワードを一元的に管理します。

役割

役割から見たPAM PAMがチームに与える影響はどのようなものでしょうか。 Cレベルのセキュリティー、IT、セキュリティー管理者の体験とエンドポイント・セキュリティー・リーダーについてご覧ください。 デモを試す

次のステップ

Verify Privilegeの試用版またはPAMエキスパートに問い合わせ、利用を開始しましょう。

特権ユーザーのためのIAMの詳細はこちら IAMとは? ゼロトラストとは 特権ID管理 インサイダー脅威とは X-Forceインサイダー脅威レポート(176 KB) KuppingerCole Leadership Compass for PAM