メインフレーム・セキュリティー・ソリューション

複数のレイヤーでメインフレーム・セキュリティーを強化する

開いた本の横にあるラップトップで作業する人物

概要

概要

データの価値は急上昇しており、これに伴ってデータ・セキュリティーへの脅威も増大しています。 メインフレーム環境では、無数のユーザーが同時に幅広いアプリケーションを実行するため、ユーザーの識別と認証、アクセス制御、その他の高度なセキュリティ対策など、セキュリティに対する多層的なアプローチが求められます。 


メインフレーム・セキュリティーのメリット

ビジネス・リスクの軽減

セキュリティー・ポリシーを実行し、ベスト・プラクティスを採用することで、組織は事業活動へのリスクを軽減できます。

クローズド・ループによる保護

安全なメインフレーム・ソリューションは、クローズド・ループの自動化されたセキュリティー・インテリジェンスと脅威修復を提供します。

合理化されたガバナンス

メインフレーム・セキュリティーを使用して、ユーザー、グループ、およびリソースのプロビジョニング、ガバナンス、および承認を簡素化します。

保護されたデータ

包括的な暗号化とアクセス制御は、組織の重要なデータを保護するのに役立ちます。

暗号化機能の採用を迅速化 IBM Z® Forward Acceleration Initiativeにより、IBM z15™の正規購入者はオンサイトまたはリモート・サービスに関する恩恵を享受し、新しい暗号化およびデータ・プライバシー・テクノロジーの採用を促進することができます。 IBM Systems Lab Servicesのコンサルタントの実績に裏付けされた専門知識が、投資効果を最大化するのにどのように役立つかをご覧ください。 IBM Z Forwardの詳細を見る(230 KB)


メインフレーム・セキュリティー・ソフトウェア メインフレームにセキュリティー、効率、コンプライアンスをもたらす

セキュリティー管理タスクを自動化して、効率を高め、エラーを減らし、監査およびコンプライアンスを改善します。

IBM zSecureの詳細はこちら
メインフレーム・データを保護する

重要なシステム・リソースを保護し、ユーザーがオペレーティング・システムで実行できることを制御します。

IBM Resource Access Control Facilityの詳細はこちら
メインフレームのユーザー認証を強化する

厳格なリソース・アクセス管理機能(RACF)の統合により、ハッキングを防止し、ユーザー制御を強化し、管理を容易にします。

IBM Z Multi-Factor Authenticationの詳細はこちら
ファイルとデータベースのデータを暗号化する

透過的な暗号化と自動化されたキー管理を使用して、機密データを誤用から保護し、コンプライアンスをサポートします。

IBM Security Guardium Data Encryptionの詳細はこちら

お客様事例

メインフレーム・セキュリティーのお客様事例 Fiducia & GAD IT AG

Fiducia & GAD IT AG社は、新たなサイバーセキュリティーの脅威と規制強化に対処する必要がありました。 多数のドイツの銀行のITサービス・プロバイダーである同社は、IBM z/OSデータセット暗号化とIBM Zマルチファクター認証を使用した広範な暗号化戦略を採用して、数百万人に及ぶ顧客のデータ保護を強化しました。

詳細はこちら
Emid

顧客が当座預金口座を開設したばかりの、南アフリカ全土の銀行にサービスを提供するEmid社は、これらの新規顧客が信頼できる金融サービスを提供する必要がありました。 その答えが、IBM Zを使用してITインフラストラクチャーを保護するターンキー・クラウドベースのシステムでした。

詳細を見る(01:57)
Banco Bradesco

ブラジルで2番目の大手銀行であるBradescoは、常時稼働するシステムと洗練された銀行および保険業務ソリューションを提供する必要がありました。 同行はIBM Z and IBM Storageを採用することで、モバイル・バンキング向けの革新的で信頼できる、安全なプラットフォームを提供しました。

詳細はこちら

次のステップ

IBM Zメインフレーム・セキュリティーの次のステップ

データセンター内およびハイブリッドクラウド全体で、サイバー脅威からビジネス・データを保護します。

IBM zSecure Suit

メインフレーム・セキュリティー、管理効率、コンプライアンスを向上させます。