概要

情報漏えいはほぼ常に、エンドポイントと特権資格情報の侵害に起因します。 そのため、特権アカウントの監視と保護が重要となっています。 また、ローカル管理者権限がサイバー犯罪者の主な標的であるため、エンドポイントにおける最小特権セキュリティーの実装も不可欠です。 機密データを徹底的に保護するには、エンドポイントと特権資格情報の両方を保護するソリューションを導入する必要があります。

メリット

簡単かつ迅速に導入

日常的な運用における自動化された所定の手順として、PAMを直ちに展開し、継続しましょう。 即導入でき、監査とレポート作成用のすぐに使用可能なツールも提供されるため、迅速に稼働させることができます。

拡大している攻撃対象領域を保護する

複数のデータベース、ソフトウェア・アプリケーション、ハイパーバイザー、ネットワーク・デバイス、セキュリティー・ツールへの即時アクセスを提供することで、企業のエンドツーエンドの特権アクセスを管理します。

PAMの管理とカスタマイズ

オンプレミスとクラウドの特権アクセス管理を直接行って、いくつでもカスタマイズできます。

PAMソフトウェア

オンプレミスまたはクラウドにおけるPAM

企業全体のサービス・アカウント、アプリケーション・アカウント、管理者アカウント、ルート・アカウントを容易に特定および保護して、特権アカウントのスプロール化を抑制します。

エンドポイントの特権管理およびアプリケーション管理

最小特権とアプリケーション管理によって、従業員のワークステーションと個人用デバイスに対するマルウェア・ベースの攻撃をブロックします。

よりスマートなPAM採用戦略を計画する

特権アクセス管理の最新情報

なぜPAMの重要性が増しているのか、他のサイバーセキュリティーのエキスパートの洞察をご紹介します。

ゼロ・トラスト・セキュリティーとPAM

ゼロ・トラストではアクセスを管理する必要があり、特権アクセス・アカウントは重大なセキュリティー・リスクを生じさせる場合があります。 特権アクセス管理ソリューションを実装することで、業務上で最も不可欠なシステム、アプリケーション、データへの特権アクセスが厳しく制限されます。 ITシステム上で最も脆弱なポイントであることの多い、従業員のワークステーションと個人用デバイスに最小特権ソリューションを実装することは、マルウェアやランサムウェアによる攻撃を防ぐ上で役立ちます。

参考情報

リスクの高いアプリケーションを監視する

包括的な特権アクセス管理を提供することは、エンドポイントでアプリケーションを保護することを意味します。

最小特権戦略を実行する

最小特権管理の概念は、資格情報が悪用された場合でも、その特権が限定的となるように事前に対策する上で役立ちます。

不明なアカウントを検出する

IBM Security Verify Privilege Vault内の自動ディスカバリー機能により、企業全体のアカウント特権の検索と保護が容易になります。

無料評価版を試す

30日間の無料評価版には、すべての機能が有効になっているIBM Security Verify Privilege Vaultの完全バージョンが含まれます。

特権アクセス管理の最新情報

なぜPAMの重要性が増しているのか、他のサイバーセキュリティーのエキスパートによる洞察をご紹介します。

次のステップ