気候リスクの管理
環境への影響とビジネスリスクを最小限に抑えるために地理空間データと分析がどのように役立つか
気候リスクを示す太陽、雲、植物のアイコン
ビジネスにおいて気候変動に対する対応が最重要課題

気候変動は今すぐ対応すべき、存続に関わる脅威です。気候変動は、幅広い種や数多くの生息地に極度のストレスを与えるものであり、気候変動による経済的影響もまた増加し続けています。米国だけでも、2021年に起きた20件の最大級の気象災害で、合計1,450億米ドルの被害が発生しました。¹

何もしない場合のリスクが高すぎるため、幸いにも、世界中の人々が「行動を起こさなければならない」と認識し始めています。2022年の世界経済フォーラムのグローバル・リスク・レポートへの回答者は、今後10年間²に私たちが直面する最も深刻なリスクの1つとして 気候変動対策の失敗 を挙げました。企業は気象変動への対応をしなければならないことに気づき、気候変動が自社の経営にもたらすリスクに対処しなければならないこと、そして自社環境への影響を抑える必要があることを理解しています。

しかし、次のステップは何でしょうか?気候変動の影響に対して、実際にどのように備えていますか?自社のビジネスと地球のために、直面しているリスクをより深く理解する方法と、それらのリスクを軽減するためにどのような行動が取れるかを見てみましょう。

2021年には米国だけで200億ドルの気象災害が発生しました。¹

気候リスクの把握という課題

気候変動と異常気象は、事業運営にますます大きな打撃を与えています。 建物や資産、サプライチェーン、インフラストラクチャー、従業員に至るまで、あらゆるものが危険にさらされています。リスクの規模と性質を理解することが非常に重要です。 この目標を達成するために、企業は次のことをする必要があります。

  • 気候変動と気象現象が組織全体に及ぼす潜在的な影響をモデル化し、予測する。
  • 嵐、山火事、洪水、大気汚染などの異常事態による影響を特定、予測、準備、監視する。
  • 組織およびその利害関係者を気候変動や悪天候の影響から守るために、適切なタイミングで適切な決定を下す。
  • 気候変動について組織自体が関与していることを理解し、影響を最小限に抑えるか、あるいは逆転させるための効果的な措置を講じる。


これらの点を挙げるのは簡単ですが、これをもとに行動するのは困難です。その理由は、本当の意味で気候リスクを理解するには、考えられる限り最大のデータセットを収集し、分析する必要があるからです。

地球の監視衛星から得られるあらゆる地理空間データについて考えてみましょう。世界の天気予測データを追加します。 次に、組織が資産、施設、インフラストラクチャーについて生成するあらゆるデータを検討します。次に、組織およびサプライチェーン全体から排出される炭素排出量データを追加します。その結果、多すぎて動かせないほど膨大な量のデータセットが継続的に更新されます。

幸いなことに、ほとんどの組織がこの取り組みを始めています。 2019年の調査では、経営幹部の96%が、すでに気象データを業務計画に組み込んでいると回答しました。しかし、そのデータを使用して気候リスクをモデル化、予測、対処するには、新しいツールやテクノロジー、専門知識が必要です。³

IBM Environmental Intelligence Suiteで気候リスクを把握し、対処する

IBMは、IBM® Environmental Intelligence Suiteを開発しました。これは、異常気象、気候変動対策の失敗、人為的な環境破壊など、企業が気候関連のビジネス・リスクを理解し、軽減するのに役立つ強力で包括的なソリューションです。 IBM Environmental Intelligence Suiteは、気候科学とビジネス運営の間のギャップを埋める、AIを搭載したクラウドベース型のソフトウェアです。強力な地理空間分析エンジンと気候および環境への影響モデリングフレームワークを組み合わせることで、次のことが可能になります。

  • 気候変動や今後の気象現象がビジネス運営に及ぼすリスクを予測できます。 例えば、小売業では店舗立地計画に将来の洪水リスク予測を役立てることができます。
  • 天候と気候変動がビジネスに与える全体的な影響を把握できます。電力会社は、送電網に沿って植生が成長する可能性のある速度を知ることができれば、植生管理計画に役立ちます。
  • 悪天候の発生前、発生中、発生後に資産を保護し、ビジネスの継続性を確保します。たとえば、悪天候による混乱が発生した場合に取るべき適切な行動を事前に特定して優先順位を付けることで、代替の物流ルートを編成する時間を得ることができます。
  • 適切なタイミングで適切な措置を講じることにより、リスクを軽減し、悪天候による経済的および環境的損害を最小限に抑えます。たとえば、保険会社は、激しい雹(ひょう)が予想される前に車両を移動するよう保険契約者にアドバイスするショートメッセージサービス(SMS)アラートを送信できます。
  • 組織のスコープ1、スコープ2、スコープ3の炭素排出量を把握することで、炭素排出量を管理できます。そうすることで、エネルギー供給をモデル化し、再生可能エネルギーへの移行を促進および加速することができます。
  • リアルタイムの意思決定を改善してコストを削減し、効率を向上させ、サステナビリティーにおける目標に貢献します。
データは地球を救えますか? IBMの特別研究員で気候変動の未来担当主任研究員であるHendrik Hamann博士が、企業がどのようにインテリジェンスを活用して気候変動に備えることができるかを説明します。
温室効果ガス(GHG)排出量の把握

IBM Enviziは、スコープ1、2、3のGHG計算と、内部および外部のESGおよび持続可能性レポートの要件を満たす柔軟なレポートツールをサポートしています。

グローバルリーダー

IBM Enviziは、エンタープライズ炭素管理ソフトウェアのグローバルリーダーとして認められ、2022年の炭素管理ソフトウェアに関するVerdantix Green Quadrantで、炭素管理機能および市場での勢いにおいて最高点を獲得しました。

調査レポートを読む
スコープ1

社用車、製造プロセス、施設内の燃料燃焼によって発生する排出のような直接排出量

 

スコープ2
他の事業体から購入した電気、熱、蒸気の消費による間接排出量
Scope 3
組織の直接的な管理外にあるサプライチェーン内の組織および活動によって生成される排出量
非常にピンポイントかつ頻繁なレベルのデータを使用することで、転轍機での除雪を自動化することができ、配車担当者は実際に鉄道の運行に完全に集中できるようになります。 Dan Plonk 元運輸アプリケーション企画ディレクター、 Norfolk Southern Corporation
精度の高い気象予報 既存の分析モデルを強化し、より正確で新しい天気予報の洞察を提供します。IBM Environmental Intelligence Suiteを使用すると、ピンポイント地点の現在および予測される状況、季節および季節内の予測、ライフスタイル指標、悪天候、過去の気象データのAPIにアクセスできます。

特定の場所のアラートを受け取る デスクトップまたはモバイル経由でアクセスできる、監視対象の場所のリアルタイムダッシュボードにアクセスします。スケーラブルなアラートにより、データサイエンス、地理位置情報、分析を組み合わせて、自動化およびカスタマイズされたメッセージを利害関係者にタイムリーに配信できます。

気候に基づくトレンドの特定 地理空間データと分析を拡張します。 複雑なクエリ、機械学習ベースの分析、AIワークロードを実行することで価値実現までの時間を短縮することで、データサイエンティストは、複雑なデータセット間のパターン、傾向、相関関係、関係性を迅速に読み解くことができます。

気候リスクの理解 悪天候および気候変動が激しくなるにつれ、気候リスク分析を使用することで、主要な資産、インフラストラクチャー、サプライチェーン、従業員に対するイベントのリスクと影響をモデル化して監視できます。

カーボンパフォーマンス 調達チームと運用チームの報告負担を軽減しながら、炭素会計を運用します。炭素会計APIを使用すると、定常的、一時的、移動的な排出量、場所ベースおよび市場ベースの排出量、輸送および流通の排出量を測定してレポートできます。また、炭素削減の取り組みの対象となる主要分野を特定することもできます。

エネルギー・公益事業向けの強力な機能

エネルギー・公益事業会社は最も気候変動リスクにさらされており、再生可能エネルギーへの移行において重要な役割を果たしています。IBM Environmental Intelligence Suiteには、これらの重要な分野向けのアドオンがオプションで含まれており、次のことができます。

植生管理の最適化 気象と植生に関するインサイトの潜在的な可能性を解き放ちます。 インタラクティブなマップ上で植生データを視覚化し、関心のある地域をフィルタリングして、最も危険にさらされている地域または地帯を特定します。スコアおよびKPIを使用してプロジェクトに優先順位を付けることで、最もリスクにさらされているプロジェクトに対する意思決定を促します。また、スコアおよびKPIを使用することで、リスクが最も高く、迅速な意思決定が求められるプロジェクトに優先順位を付けることができます。
停電予測 定義されたサービス地域内で予想される天候関連の停電を確認および把握します。停電予測は、天候や気候変動が電力会社システムに与える影響を見積り、影響を軽減するために求められる適切な対応レベルを決定するのに役立ちます。
再生可能エネルギー予測 気候変動と急速なキャパシティーの増加により、世界中の多くの場所で再生可能エネルギー発電の予測が困難になっています。IBMの再生可能エネルギー予測プラットフォームは、事業規模の風力発電所や太陽光発電所の正確な電力予測を提供します。その仕組みをご覧ください。

お客様事例 予測不可能な世界での農業
気候変動により、天候の予測が難しくなっています。 Yaraは、世界中の農家向けに予測データプラットフォームを構築し、最適な収量を実現するための計画、種まき、管理、収穫を支援しています。その様子をご覧ください。
お客様事例はこちら
植生の刈り込み、刈り込み費用
植生管理への予測的アプローチにより、1,000万米ドルの年間予算から大幅にコストを削減できた事例をご紹介します。Pedernales Electric Cooperative, Inc.がIBM Environmental Intelligence Suiteを使用してどのように効率、信頼性、安全性を向上させているかをご覧ください。
お客様事例はこちら
再生可能な未来をデザインする
Danish Ministry of Climate, Energy and Utilities(デンマーク気候・エネルギー・公益事業省)が所有する独立公営企業であるEnerginetは、IBM Environmental Intelligence Suiteの予測機能を活用して、2030年までに再生可能エネルギー発電100%という目標の達成を掲げています。その取り組みをご覧ください。
動画を見る(02:16)

次のステップ

ニュースレター

ビジネスの関心に合わせて厳選されたニュースレターが届きます。

詳細はこちら
お問合せ

IBM Environmental Intelligence Suiteについて今すぐご相談ください。