IBM z/OS Cloud Brokerの主要な機能

z/OSのリソースとRed Hat OpenShiftプラットフォームを統合

ブログを読む

Kubernetesベースのプライベートクラウド・プラットフォームであるRedHat® OpenShift®内でz/OSのサービスやリソースを利用して、クラウドネイティブ・アプリケーションを構築・実行したり、既存のエンタープライズ・アプリケーションをモダナイズしたりできます。シンプルさ、頑強性、移植性を重視した業界標準のK8sコンテナ・ランタイムに、z/OSから接続できるようになります。

特別なスキルはなくてもz/OSリソースを利用できる

z/OSリソース(z/OSのマルチ・テナント機能と迅速な柔軟性を利用したカスタマイズ・サービスを含むサービス・カタログなど)へのセルフサービス・アクセスにより、イノベーションに集中して短時間で実現できます。Brokerは、分散されたオープンなテクノロジーとツール、およびクラウドネイティブ・アプリケーション開発の管理とコンプライアンスを容易にするよう設計されたクラウド・プラットフォームとのIBM Zの統合も提供します。

オンプレミスのプライベートクラウドの安全/保護/管理を実現

この製品は、お客様のオンプレミスのプライベートクラウド・プラットフォームと統合し、ファイアウォールの内側から制御され、お客様組織のセキュリティーと規制のプロセスに合わせて調整できます。使用されるすべてのz/OSサービスの管理および開発はIBM Z運用チームが行いますが、お客様はz/OSの構成可能なクラウド・セキュリティーによってアクセス権と使用レベルを完全に制御できます。

z/OS Cloud Brokerはお客様の既存のインフラストラクチャー上で稼働して、データセンター内で稼働するインフラストラクチャーへの投資と、それをサポートする専門家のスキルを保護します。z/OS Cloud Brokerを使用すると、IBM Cloud Provisioning and Management for z/OSを介して、プロビジョニングされたソフトウェア・サービスにアクセスし、デプロイできるようになるため、お客様はz/OSミドルウェアへの既存の投資を活用できます。

技術的詳細

ソフトウェア要件

  • 互換性のあるプライベートクラウド・プラットフォーム: RedHat® OpenShift®
  • z/OS V2.3f、またはz/OS V2.4
  • Cloud Provisioning and Management for z/OSでz/OSMFがセットアップされ、構成されていること

ハードウェア要件

以下のIBMサーバーのいずれか1つ:

  • z14®、およびz15™(すべてのモデル)
  • LinuxONE III
  • LinuxONE Emperor IIまたはRockhopper II

ビジネスの可能性を切り拓くファイナンシング

IBMのソフトウェア、サービス、システム、ソリューション向けの柔軟な支払いオプションと競争力のある利率で、購買力を最大限に高めます。