IBM zCX Foundation for Red Hat OpenShift

Red Hat OpenShiftクラスターを内蔵したZアプリケーション上でLinuxを迅速且つ柔軟にデプロイすることで、IBM z/OSエコシステムを、最新化します。

積み重ねられた輸送コンテナの前に立っている人
ネイティブz/OSエコシステムの拡張とモダナイズ

IBM® zCX Foundation for Red Hat® OpenShift® (zCX for OpenShift)を活用することで、Red Hat OpenShiftクラスター内蔵のZアプリケーションとソフトウェア上でLinux®のIBM z/OS®への迅速で柔軟なデプロイメントが可能になります。 多くのz/OSサービス品質(QoS)のメリットを同時に利用しながら、アプリケーションとワークロードを共同配置します。

IBM zCX Foundation for Red Hat OpenShiftを追加してお客様のエコシステムを拡張します。 開発者は、Zアプリケーション上のLinuxをz/OSに統合することで、コンテナ化されたソフトウェアに関して、エンタープライズレベルのコンテナ・オーケストレーションと機能を実現できます。


メリット z/OSの可能性を引き出す

既存または新規のz/OSアプリケーションが、zCX for OpenShiftを使用することで、以前は使用不可だったサービスの使用を可能にします。

z/OSを使用したソリューションの設計

コンテナ化されたLinuxソフトウェア・デプロイメントを必要とする新しいソリューションの設計にz/OSを組み込み、Red Hat OpenShiftを使用してオーケストレーションを行います。

ハイブリッドクラウド戦略の拡張

zCXを使用してz/OS上でKubernetesオーケストレーションを活用します。 z/OSシステム・プログラマーがzCXを、Red Hat OpenShiftによって管理されたKubernatesクラスターに統合できるようにし、ハイブリッドクラウド戦略を拡張できるようにします。

z/OSの専門スキルや専門知識が不要

特別なスキルを必要とせずに、Red Hat OpenShiftの標準インターフェース、標準プロセス、標準ツールを使用したz/OS対応のz/OS内のコンテナ化されたソフトウェアを開発し、デプロイします。


主要な機能 エンタープライズ対応のKubernetes

Red Hat OpenShiftで利用可能なエンタープライズ対応のKubernetesコンテナ・プラットフォームを活用し、ハイブリッドクラウド戦略、マルチクラウド、エッジデプロイメントを管理します。

災害復旧を継承する

z/OSサービスの品質(QoS)のメリットを生かし、(z/OS DR/GDPSを使用した)サイト障害に対して、自動化され、統合された再始動機能を提供します。

一貫してz/OSを使用した運用管理

z/OSを使用した一貫した運用管理を通してお客様の現在のz/OS環境にシームレスに統合します。

コロケーション(プラットフォーム外)

特定のアプリケーション、ワークロード、可能な限りz/OSデータの近くまでアクセスするアプリケーションをコロケーションすることにより、ネットワーク待ち時間を最小限に抑えます。


ユースケース

z/OSソフトウェア・エコシステムの拡張 共同配置された非SQLデータベース、最新のマイクロサービス、分析フレームワークを含む、z/OSのQoS(性能や安全性など)に組み込まれたz/OS運用モデルを提供します。

システム管理 運用と依存関係管理の必要性を減らします。 この例には、管理製品用の中央集権型データベースとユーザー・インターフェース(UI)ポータルが含まれます。

DevSecOps 新しい才能を引き付け、活用し、市場投入までの時間を改善し、z/OSでクラウドネイティブ体験を提供します。 この例にはオープンソース・アプリケーションとLinuxベースのデプロイメント・ツールが含まれます。

z/OSソフトウェアの利用 基幹業務ワークロード(CICS、IMS、Db2などを含む)への統合を実現します。 この例には、主要なリソースへのアクセス可能度と隣接性のメリットを生かしたアプリケーションとワークロードが含まれます。


次の ステップ

zCX for OpenShiftがどのように既存のz/OSエコシステムをモダナイズするのに役立つかに関する詳細な情報と洞察については、今すぐIBM担当員にお問い合せください。

zCXコミュニティー

z/OS Container Extensionsに関連する最新のブログ記事とニュースを参照してください。

Red Hat Marketplace

複数のクラウド全体でソフトウェアを、試用、購入、デプロイできます。

法律

z/OS Container Extensionsのアドレス・スペースはzIIP対応です。 ほとんどのzCX処理(zCX内にデプロイされたDockerコンテナーを含む)は、利用可能なzIIPプロセッサーにディスパッチできます。 一部のzCX処理は、規格プロセッサーにディスパッチされます。 これは、一般的に、zIIPで実行できるものと比較して、プロセッサー・サイクルの割合がはるかに小さいです。 Acme AirベンチマークをzCXで実行すると、zCX CPU消費量の最大98%がzIIP対応であると測定されました。1

最初に想定される良い点は、zCX環境で実行されている新しい処理の95%zIIP対応であるということです。 ただし、ワークロードの特性によっては、zCX環境は多かれ少なかれzIIP対応になります。 キャパシティー・プランニングは、ご使用の特定のzCXアプリケーションで測定されたzIIPの適格性に基づいて行われなければなりません。 使用可能なzIIPプロセッサーがない場合、zCXは標準プロセッサーにのみ展開できます。 詳細については、『IBM z/OS Container Extensions Guide』の「zCXワークロード用のzIIPおよび汎用プロセッサーの利用」をご覧ください。

1結果は、インバウンド・トラフィックと2つのzCXコンテナ(1つは実行中のNode.js、もう1つは実行中のMongoDBデータベース)用のTCP/IPインバウンド・ワークロード・キューイング(IWQ)でz14 z/OS 2.4 LPARを使用している制御された環境で実行された内部のIBMベンチマークから推定されました。 zIIPの適格性は、zCXアドレス・スペースで実行している作業のCPU消費量とTCPIPアドレス・スペースとVTAMアドレス・スペースに関連付けられる作業に基づいています。 結果は環境による異なる可能性があります。

こちらのIBM zCX Foundation for Red Hat OpenShiftという製品は、IBMの製品です。 したがって、主要なサービスとサポートはIBMを通じて提供されます。 zCX for OpenShiftをご購入頂くと、Red Hat OpenShiftの資格が提供されます。 zCX for OpenShiftで問題が発生した場合は、こちらにアクセスして問題となっているケースを確認してください。 http://www.ibm.com/mysupport