概要

CEOの80%以上が、サステナビリティーに投資することにより、今後5年間で業績が向上すると回答しています。²しかし、企業の86%がサステナビリティー戦略を持っている一方で、その戦略に基づいて対応策を講じた企業はわずか35%にすぎません。³

Linuxワークロードを、比較対象のx86サーバーで同じ条件下で実行する代わりに、5台のIBM z16システムに統合すると、年間でエネルギー消費量を75%、設置面積を50%、COeフットプリントを850メトリック・トン以上削減できます。

デモ

新着情報

メリット

コストと温室効果ガス排出量の削減

コスト削減を表すアイコン

エネルギー効率が高く、信頼性の高いシステムでワークロードを最適化します。

データセンターの設置面積の最適化

データセンターを表すアイコン

ワークロードを統合し、密度と柔軟性を向上させます。

持続可能性の要因の監視と管理

可視化を表すアイコン

強力なツールとダッシュボードを使用して、データセンター全体を可視化します。

参考情報

カーボン・フットプリントに関するレポート

IBM z16の各モデルが、最大の温室効果ガス削減の機会を特定するために、どのように役立つかをご紹介します。

マルチ・フレーム(PDF、3.4 MB)

シングル・フレーム(PDF、3.6 MB)

TCOとCO2eの計算ツール

サステナビリティーの要素が追加された、パーソナライズされた総所有コストの見積もりにより、IBM zSystems™で実現できるコスト削減をご確認ください。

電力量監視機能の革新

新しいパーティション・レベルの電力量監視機能は、業界をリードし続けてきたIBMのサステナビリティーの設計技術に裏打ちされています。

分析レポート

お客様事例

使ってみる

IBM z16がどのようにサステナビリティーを優れたビジネス戦略へと変えるのかご覧ください。

脚注

¹IBM社内のテストによると、WebSphereとDb2のワークロードを実行する場合、IBM z16は、比較対象のx86サーバーの16分の1のコアしか必要としません。これを完全なITソリューションに当てはめると、このワークロードを実行する場合、IBM z16 Max 125は、比較対象のx86サーバーの約2000コアに相当する作業を実行できます。

免責事項:これは市場における代表的なIBMのお客様がワークロードを実行する状況を再現したIBM社内調査です。 結果は環境による異なる可能性があります。中核となる統合調査では、次のサーバーを比較対象としました。IBM Machine Type 3931 Max 125システム(125個の構成可能なプロセッサー・ユニット(IFL)を含む3つのCPCドロワーと、ネットワークと外部ストレージの両方をサポートする2つの入出力ドロワーで構成される)。Lenovo ThinkSystem SR650(2U)(第2世代インテル® Xeon® Platinumプロセッサー2.1 GHzを2基搭載、1CPUあたり16コア)。いずれのソリューションも同じストレージ・アレイにアクセスできました。ワークロードは、WebSphere Application Server上で稼働するトランザクション・アプリケーションと、中核的なオンライン・バンキング機能をシミュレートするIBM Db2で構成されます。実際のテスト結果は、x86サーバーを使用する銀行顧客の典型的なIT環境について、IDC QPIメトリックとIBMサイジング手法を用い、以下の前提条件で上記のx86サーバーに外挿されました。本番のIT環境では、16台のx86サーバーが平均使用率50%で稼働しています。非本番のIT環境には、48台のx86サーバーがあります。開発環境(各2台のサーバー×4環境、計8台のサーバー)、開発テスト環境(4台のサーバー)、システム統合テスト環境(8台のサーバー)、性能テスト環境(16台のサーバー)、ユーザー受け入れテスト環境(4台のサーバー)、本番修正テスト環境(8台のサーバー)。一般的な平均CPU使用率は、全ての非本番環境で7%です。同等のIBM Machine Type 3931ソリューションでは、LPARテクノロジーで分離されたすべてのIT環境において、1台のMax 125サーバーが平均85%の使用率で稼働する必要があります。

² IBM Institute for Business Value –「変革を起こす覚悟 - トップ主導のSX*が企業価値を向上させる」

³ IBM Institute for Business Value – 「サステナビリティーは変革を引き起こす「カタリスト」である」(PDF、1.1 MB)

⁴Linuxワークロードを、比較対象のx86サーバーで同じ条件下で実行する代わりに、5台のIBM z16システムに統合すると、年間でエネルギー消費量を75%、設置面積を50%、COeフットプリントを850メトリック・トン以上削減できます。

免責事項:合計10364個のコアを持つ192台のx86システムと比較した場合の5台のIBM Machine Type 3931 Max 125モデルは、125個の構成可能コア(CP、zIIP、またはIFL)を含む3つのCPCドロワーと、ネットワークと外部ストレージの両方をサポートする2つのI/Oドロワーで構成されます。IBM Machine Type 3931の電力消費量は、メモ構成用のIBM Machine Type 3931 IBM Power Estimation Toolへのインプットをベースにしました。x86の電力消費量は、7つのCascade Lakeサーバー・モデルと5つのIce Lakeサーバー・モデル(サーバー当たり32コアから112コア)の2022年3月のIDC QPI電力値をベースにしました。比較対象のx86サーバーはすべて、2つまたは4つのソケット・サーバーでした。IBM Zおよびx86は、本番および非本番のワークロードを使って1日24時間、365日連続稼働させました。削減効果については、データセンターの冷却に必要な追加電力を計算するために、電力使用効率(Power Usage Effectiveness:PUE)の比率を1.57と仮定しています。PUEは、Uptime Institute 2021 Global Data Center Survey(ibm.com外部へのリンク)に基づきます。CO2e、およびEPA GHG計算ツール(ibm.com外部へのリンク)に基づく同値は、米国の国内加重平均を使用しています。結果は、お客様ごとの使用量や場所によって異なる場合があります。