特長

クラウドネイティブ体験により開発者の作業を簡素化

動画を見る(日本語字幕, 02:30)

IBM Z®プラットフォーム上にRed Hat® OpenShift®とコンテナを配置すると、新しいデジタル・サービスやAIを取り入れたサービスの開発や実装にあたり柔軟性や整合性を向上させることができます。
IBM Zを使用すると、プラットフォームをクラウド・インフラストラクチャーに完全に統合して、市場投入までの時間を短縮できます。

あらゆる場所での暗号化によりデータ・プライバシーを管理

動画を見る(日本語字幕, 01:20)

ポリシーに従ってデータ・プライバシーを管理し、保存済みであれ、処理中であれ、すべてのデータを社内外の脅威から保護します。IBM Data Privacy Passportsはデータ・プライバシーとセキュリティーの適用ソリューションで、お客様の企業全体でプラットフォーム外のデータへのアクセス権限の付与とその取り消しを管理し、エコシステムのデータを保護します。

サイバー・レジリエンスと最高のアップタイムを実現

動画を見る(英語, 02:17)

障害点を削減し、24時間365日体制の稼働を実現します。IBM ZのInstant Recoveryは、z14と比べてお客様の待機時間を半減させて保留になっていた作業を取り戻し、計画ダウン時間や計画外ダウン時間の影響を軽減できます。この機能を装備しても、IBMソフトウェアのコストは増えません。IBM Secure Executionは、ワークロードを細かい粒度で互いに隔離したり、システムを全体として隔離して、社内外の脅威からワークロードを保護するよう設計されています。 IBM z15は、単一システム内で最大数千のワークロードを拡張可能です。

すべての企業とすべてのクラウドに対応する柔軟な計算能力

動画を見る(英語, 01:45)

IBM Zは、Fortune 100社の3分の2の企業から次世代のスタートアップに至る、あらゆる規模の企業に信頼されています。IBM z15™はオンデマンドでリソースを使用可能にしたり、暗号化、圧縮、複雑なソートのような機能を実行するオンチップ・アクセラレーターを利用してワークロードの実行時間を短縮します。柔軟な消費モデル、柔軟なパッケージ(空冷式など)、また新たに引き下げられたエントリー価格をご利用いただけるようになりました。

お客様による活用法

Bradesco社

この銀行がどのようにIBM Zのレジリエンシーを活用して、月あたり15億のトランザクションを処理しているかについて説明します。

お客様導入事例の動画を見る(日本語字幕, 01:55)

台上で魚を扱う男性

Emid社

このサービス・プロバイダーが、どのようにリテール・バンキングにデータ・セキュリティーを確保して顧客の信頼を得ているのかをご覧ください。

お客様導入事例の動画を見る(日本語字幕, 01:57)

黒い背景の前でプレゼンテーションを行う男性

技術的詳細

技術仕様

IBM z15は以下のように独自のシステム機能を提供します。

  • セキュリティー:Secure Execution for Linux、CPACF、Crypto Express7S、スマート・カード
  • Instant Recovery: IBM System Recovery Boost
  • 専用エンジン: IFL、zIIP、内部結合機構(ICF)、SAP(I/O用)
  • フラッシュ: 仮想フラッシュ・メモリー
  • I/O: FICON Express、zHyperLink Express、RoCE Express、OSA - Express

ソフトウェア要件

サポートされるオペレーティング・システム:

  • z/OS® V2.4、2.3、2.2
  • Linux on Z(IBMのパートナーはRed Hat、Canonical、SUSEです)
  • z/VM® 7.2、7.1、6.4
  • z/VSE® V6.2
  • z/TPF 1.1
  • IBM Z用KVMハイパーバイザー(Linuxディストリビューション・パートナーが提供)

ハードウェア要件

仕様は、モデルや構成により異なります。

  • 詳細および要件については、Redbooksをご覧ください。

IBMグローバル・ファイナンシング

IBMのソフトウェア、サービス、システム、ソリューション向けの柔軟な支払いオプションと競争力のある利率で、購買力を最大限に高めます。