IBM Z Virtual Test Platformの主な機能

アプリケーションの統合テストのシフト・レフト

IBM Zの開発者は、開発ライフサイクルの早い段階でオンライン・トランザクションとバッチ・プログラムのテスト・プロセスを自動化し、シフト・レフトができます。成果物をターゲット環境に導入する必要はありません。

元のミドルウェアの必要なしのテスト実行

関連テスト・ケースを見る

テストの実行に元のミドルウェアやデータは必要ありません。 テストが記録されると、元のミドルウェア(例えば、CICS、Db2など)やデータの必要なしにテストを実行できます。 テストは、x86サーバー上で稼働しているZ Development and Test(ZD&T)システムでも実行できます。

コピーブック変更後の確実な再構築

開発チームは、自動化されたビルド・プロセスの一環としてZ Virtual Test Platformのトランザクション・テストを導入することで、コピーブックの変更後の再構築が正しいことを確信できます。

テスト担当者は、コンパイラーのアップグレードや、自動バイナリー最適化プログラム(ABO)またはソフトウェア構成管理(SCM)ツールの移行の後の回帰テスト戦略の一環として、記録されたプレイバックを使用できます。

継続的テストの自動化と有効化

テストを、ソフトウェア構成管理(SCM)ツールまたは成果物リポジトリー・システムに保存し、継続的統合および継続的デリバリー(CI/CD)のパイプラインに組み込むことができます。

完全なスタブ

アプリケーション・プログラムがさまざまなサブシステムまたは他のプログラムに対して行った呼び出しを記録、傍受、スタブします。

俊敏性と柔軟性を向上

IBMの柔軟なお支払いプランは、ワークロードのニーズに合わせてインフラストラクチャーへの投資を調整するのに役立ちます。