IBM Z Service Automation Suite
シスプレックス内の企業のハードウェアとソフトウェアの両方のリソースにわたる広範囲のシステム要素を自動化および制御
試用版をリクエストする
抽象的な幾何学的シェブロンのイラスト
IBM Z Service Automation Suiteがビジネスにできること

IBM Z® Service Automation Suiteは、幅広いシステム管理機能の単一制御点を提供します。シスプレックス内の企業のハードウェアとソフトウェアの両方のリソースにわたる広範囲のシステム要素の可視性、制御、自動化を活用します。これには、IBM Zでビジネスの機敏性に対処するために必要な自動化、ネットワーク管理、およびスケジューリング機能が含まれています。このスイートは、以下の製品をシンプルな価格で簡単に注文できるパッケージです:
- IBM Z System Automation
- IBM Z NetView
- IBM Z Workload Scheduler
- IBM Service Management Unite
- IBM Z ChatOps
- IBM Z Common Data Provider with Kafka

メリット
迅速な評価のためにビューを統合

カスタマイズ可能な管理ダッシュボードにより、メインフレームの管理情報とタスクを異種ソースから単一の環境に統合することで、複雑なワークロードの運用を簡素化します。

ネットワークとシステムの管理を自動化

エンタープライズ統合の強化、ビジネスの俊敏性の向上、ITの可用性の向上により、ネットワークを完全かつ簡単に管理します。

協調的な問題解決

チーム間のコラボレーションを改善し、Slack、Microsoft® Teams™、またはMattermost®に統合されたChatOpsツールを有効にすることで、問題解決時間を短縮します。

効率と可用性の最適化

自動化とスケジュールの統合を通じて魅力的な管理機能を獲得し、ビジネスの回復力を向上させます。停電や遅延を減らし、複雑な問題を修正するまでの時間を短縮する。

リソース使用率の向上

ビジネス・サービスをサポートするために実行されるバッチおよびほぼリアルタイムのワークロードとアクティビティーの実行を自動化することで、人員のやり取りが改善され、相乗効果と効率が向上します。

共通のイベント・アーキテクチャーを使用してデータをストリーミング

埋め込みイベント・アーキテクチャーを利用して、分析エンジンやWebベースのダッシュボードなどのさまざまなエンドポイントにデータをストリーミングします。

IBM Z Service Automation Suiteの主な機能
管理ダッシュボード

IBM Service Management Uniteは、Webベースの高度にカスタマイズ可能なダッシュボード・ユーザー・インターフェイスであり、異種ソースからのメインフレーム管理情報とタスクを単一の環境に取り込みます。自動化、モニタリング、ネットワーク管理、およびスケジューリング環境からの情報を単一のインターフェースで視覚化して統合し、次世代のIBM Zオペレーターが問題を迅速に特定、切り分け、解決できるようにします。別のコンソールに移動せずに、システムと直接対話してコマンドを発行し、結果を表示することもできます。

IBM® Services Management Unite をご覧ください。
ネットワークおよびシステム管理

IBM Z NetView®は、IBM Zでのビジネスの俊敏性に対する要件に対応するために、自動化とネットワークおよびシステム管理を提供します。主な機能と高度な機能には、ネットワーキングと自動化、企業統合の強化、顧客価値までの時間、使いやすさなどがあります。

IBM Z NetViewをご覧ください
Z ChatOpsと統合

ChatOpsは、人、ツール、プロセスをコラボレーションプラットフォームに統合するモデルであり、チームが効率的にコミュニケーションを取り、作業の流れを簡単に管理できるようにします。IBM Z ChatOpsは、ユーザーがIBM z Systems管理ツールからの情報にSlack、Microsoft Teams、またはMattermostに直接アクセスできるチャットボットを含めることで、IBM® Z環境をサポートします。IBM ZアプリケーションからのアラートについてIT運用チームに簡単に通知できます。また、ChatOpsは、IBM Zデータに広範にアクセスできるようにIBM Service Management Unitと統合し、チャット・ユーザーが追加情報を含むWebベースのダッシュボードにドリルダウンできるようにします。IBM Z ChatOpsを使用すると、インシデントの解決を加速し、次世代のIBM Zオペレーターのオンボーディングを迅速化できます。

ソリューションの概要を読む
ワークロードのスケジューリング

IBM Z Workload Schedulerは、ビジネス・サービスをサポートするために実行されるバッチおよびほぼリアルタイムのワークロードとアクティビティの実行を自動化するのに役立つインフラストラクチャーを提供します。

IBM Z Workload Schedulerにアクセスしてください
システム・オートメーション

IBM Z System Automationは、重要なシステムとアプリケーションの効率と可用性を最適化する、ポリシーベースの自己修復型の高可用性ソリューションを提供します。これは、Parallel Sysplex®自動化およびポリシー・ベースの自動化に関連する管理および運用タスク、カスタマイズおよびプログラミングの労力、および自動化の実装時間とコストを削減するように設計されています。

IBM Z System Automationにアクセスしてください
効率性の向上

このスイートを使用すると、リソースの利用と人材の相互作用を改善して、相乗効果と効率を向上させることができます。また、停止や遅延、複雑な問題の修正にかかる時間を削減することもできます。

Event Integrations

IBM Z Common Data ProviderとKafkaを使用すると、次の統合が可能になります。

  • IBM Z Workload Schedulerデータをストリーミングし、Splunk、IBM Z Operational Log and Data Analytics、Elasticsearchなどのさまざまな分析エンジンに配布します。
  • IBM Z System Automationは、Kafkaインフラストラクチャーを使用して、IBM Service Management Uniteおよび他のコンシューマーにイベントを配布できます。
参考情報 IBM Z System Automation

IBM Knowledge CenterのIBM System Automation for z/OS。

資料はこちら
IBM Z NetViewドキュメント

IBM Knowledge CenterのIBM Z NetView情報

資料はこちら
IBM Workload Scheduler

IBM Knowledge CenterのIBM Z Workload Scheduler。

資料はこちら
IBM Service Management Unite

IBM Knowledge CenterのIBM Service Management Unit

資料はこちら
その他の参考情報
 
IBM資料

製品の保守および使用方法に関する情報を取得します。

詳細はこちら
サポート

サポート検索を使用して解決策を確認でき、サポート依頼を送信することもできます。

詳細はこちら
保証をアップグレード

IBM Z システムの保証およびメンテナンスのオプションを確認してください。

投資の保護方法
ニーズに応じた料金体系

よりシンプルかつ経済的にIBM zSystemsをご利用いただけるよう、柔軟な料金体系モデルをご用意しています。

コストを最適化
IBMグローバル・ファイナンシング

業界トップのI投資家が提供する、カスタマイズされた支払いオプションを見つけてください。

支払い戦略の設定