レポート作成とキャパシティー・プランニングをサポートする主要な機能

自動データ収集

IBM Z Performance and Capacity Analyticsは、各LPAR上でレコードが使用可能になるとすぐにSMFデータを選択的にトラップし、ハブに転送して処理します。これにより、問題を素早く検出して解決し、リソース使用量のバランスを取って、ビジネスのSLAを満たすことができます。

主要パフォーマンス・メトリックの継続的キュレーション

主要なパフォーマンス・メトリックの詳細はこちら

データの継続的なキュレーションにより、情報と分析へのタイムリーなアクセスが改善されます。これにより、システム可用性の管理が向上し、データのキュレーション処理の間接費の影響を低減しながら、データ収集の数分から数時間の間にパフォーマンスと容量の異常に関する迅速な洞察を得て問題を解決することができます。

そのままですぐに使用できるダッシュボード

Cognos Analyticsを含む複数のレポート・プラットフォームにわたって包括的なダッシュボードのセットが備わっており、パフォーマンス・アナリストからIT運用管理およびキャパシティー・プランナーまでの複数のユーザー・ニーズに対応した、簡単に採用できる洞察が提供されます。キュレートされたデータは、SplunkやElastic Stackなどの選択できるオフ・プラットフォーム分析プラットフォームに直接、またはIBM Z Common Data Providerを活用して、ストリーミングすることもできます。これにより、エンタープライズ全体のプラットフォームでIBM Zデータを表示して分析することができます。

将来のリソース・ニーズの予測機能

組み込みのForecaster機能では、履歴データの使用量の傾向(既存の容量に対する比率のグラフ)を使用して、お客様のIT戦略計画プロセスでいつ追加リソースが必要になるかを判断できます。

拡張可能なデータ・フレームワーク

新しいデータ・ソースを収集に追加し、製品提供のソースを補足して拡張することができます。データ収集にアノテーションを付けるなど、それぞれの具体的な要件に合わせてデータ収集を構成して、アプリケーション・レベルのコンテキストをワークロードに提供することができます。

R4HAおよびTailored Fit Pricing用の拡張レポート

Tailored Fit Pricingの詳細はこちら

IBM Zでのソフトウェア・ライセンスのいずれの料金体系モデルにおいても、パフォーマンスとコストの管理に役立つ拡張レポートが提供され、4時間ローリング平均またはエンタープライズ消費モデルのいずれかに寄与する製品とワークロードを識別します。

Db2 Analytics Acceleratorを統合して分析を最適化

IBM Db2 Analytics Accelerator(IDAA)を活用して、IDAAに直接データを保管することにより、低いパフォーマンス・コストで洞察を提供することができます。これにより、Db2 for z/OSのデータ・ストレージが削減され、CPU作業をz/OSからIDAAアプライアンスに移動できるようになり、高速照会のパフォーマンスを活用できます。

正確なアップグレード決定計画のための「What If」分析

物理プロセッサーの数を増やした場合、またはプロセッサー・モデルをアップグレードした場合に、CECおよびLPARの容量がどのように変化するかを確認します。システム全体のレベルおよび個々のLPARレベルで使用可能な追加の容量を示すことで、新しいプロセッサーへのアップグレードの効果を可視化できます。

ビジネスの可能性を広げるファイナンシング

IBMのソフトウェア、サービス、システム、ソリューション向けの柔軟な支払いオプションと競争力のある利率で、購買力を最大限に高めます。