IBM Z and Cloud Modernization Stack

クラウドのメインフレームとイノベーションを最大限に活用します。

データ・センターのコンポーネントで作業している男性
概要

IBM® zSystems®とベストなクラウドを組み合わせたハイブリッド・アプローチ

アプリケーションのモダナイゼーションを活性化、または加速化し、IBM Z and Cloud Modernization Stackを使用してIBM zSystems上でITの自動化に標準化されたアプローチを取り入れます。 これは、すなわち生産性を更に高めてより迅速に変革を実現できるということです。

APIによってメインフレーム・アプリケーションとデータへシンプルで安全性の高いアクセスを迅速に実現します。 お客様の人材プールを拡大する業界標準のツールと最新の言語で最新のエンタープライズDevOpsを採用します。 ITの自動化に対して標準化されたアプローチを取り、適切な制御とコンプライアンスを維持しながら、専門的なスキルの必要性を減らします。



IBMとAmazon Web Services(AWS)を使用したハイブリッドクラウドに向けのメインフレーム・アプリケーションのモダナイズ

メリット スキル不足を補う

IBM zSystemsは、オープンで標準的なプログラミング言語、ツールチェーン、開発プラクティスを支援し、利用可能な幅広い人材プールを作成します。

一貫したDevOpsエクスペリエンスを作成

IBM zSystemsは、クラウド・アプリケーション開発手法と共通した一貫性のある最新のDevOpsツールとプラクティスをサポートしています。

メインフレーム・データに簡単にアクセス

プラットフォームを離れることなくIBM zSystemsのデータを使用して、お客様の基幹業務データを最大限に活用します。

コストの最適化

幅広い機能、言語、ツールのセットから選択し、ご利用分のみ料金をお支払いいただきます。

オプショナリティーの維持

Red Hat® OpenShift®を共通のオープン・ハイブリッドクラウド・プラットフォームとして使用して、一度構築し、最適な場所にデプロイします。


主要な機能 アプリケーション分析

コード変更を迅速に分析して、開始する前に依存関係がわかっていることを確認することにより、アプリケーション変更のリスクを軽減します。

オープン標準に基づいたAPI

オープンAPI仕様を使用した業界標準のAPIによって、メインフレーム・アプリケーションとデータへの安全性の高いアクセスを実現します。

クラウドネイティブ開発

クラウドネイティブのアプローチでIBM® z/OS®アプリケーションを開発、モダナイズし、開発者の生産性を高めるためにスピードと敏捷性を向上させます。

z/OS用の標準化されたITの自動化

開発者がz/OS環境にセルフサービスでアクセスするための、シンプルで自動化されたz/OSソフトウェア管理を使用します。


ユースケース コードなしのオープンAPIを数分で有効化

OpenAPI 3仕様とAPIファースト・マッピングを使用して、新しいAPIを個別に実装およびテストします。

クラウドネイティブ・ツールを使用してz/OSアプリを管理

クラウドネイティブ・ツールを使用して、z/OSアプリケーションを編集、デバッグ、および構築します。 共通のクラウド・エクスペリエンスにより、クロスプラットフォームでのアプリ開発チームが可能になります。

迅速なアプリケーション分析の採用

コード変更を計画することで、開始前にすべての依存関係を確実に把握します。 影響分析グラフを生成して、すべての依存関係を確認します。

Open Enterprise言語でアプリを強化

お客様が独自に選択したOpen Enterprise言語を使用して、新しいマイクロサービスまたはアプリケーションの拡張機能を追加します。

z/OSソフトウェア管理の自動化

Red Hat OpenShiftを使用して一貫したインターフェースとソフトウェア管理のために、事前構成されたソフトウェア・パッケージを使用します。

オンデマンドのz/OS環境とリソースの使用

業界標準のスキルとプラクティスでz/OSリソースをオンデマンドでプロビジョニングすることにより、開発者とシステム・プログラマーの生産性を向上させます。


参考情報






次の ステップ

IBM担当員にお問合せいただくか、IBM Z and Cloud Modernization Stackについての詳細をこちらからご覧ください。