Workflow Management – Contributor SaaSの仕組み

ルール・ベースの優れたプロセス自動化

IBM Engineering Workflow Management - Contributor SaaSには、SAFe®、スクラム、フォーマルなプロジェクト管理などの共通プロセス用のテンプレートが含まれており、予測可能な結果を保証するプロセスをガイドして実施できるようにします。すべてのプロジェクトまたは組織が同じではないため、特定のチーム、プロジェクト、または組織のニーズを満たすようにプロセス・ルールを構成することができます。

進行状況の可視化でコラボレーションを強化

カスタマイズ可能なビューとダッシュボードを使用して、ニュースやイベント、現行の構築作業の状況、進行中の作業、要求された変更など、複数のプロジェクトに関する情報にアクセスできます。チームの他の担当者の作業内容、オンライン状況、可用性を表示できます。

ワークアイテム追跡の改善

IBM Engineering Workflow Management - Contributor SaaSは、チームのプロセスおよびプロジェクトのルールに従って、個々のワークアイテムを自動的に作成し、進行状況を追跡します。特定された障害、機能強化、会話を複数のチームやプロジェクトへ送信できます。

探索のためのサンドボックスをクラウドに確立

IBMはシングル・テナントのセキュアな環境でIBM Engineering Workflow Managementを構成するので、従来のITインフラストラクチャーの初期コストを事前に支払うことなく開発することができます。新しいアイデアの探索を始めるために、ハードウェアのプロビジョニングは必要ありません。1カ月という短期間からのサブスクライブで、ユーザー単位の支払いです。

技術的詳細

ソフトウェア要件

インターネット・ブラウザーと、インターネットへのアクセスが必要です。

ハードウェア要件

マシンには、少なくとも4GBのRAMおよびIntel Pentium 4プロセッサーまたは同等のものが必要です。