ビジネスにどのように役立つのか?

ソフトウェア開発チーム間で活動や連携を調整するのは、難しい場合があります。IBM Engineering Workflow Management - Contributor SaaSは、多くのチームにまたがるプロジェクトを管理できる、ソフトウェア開発チーム・コラボレーション・ツールです。プロジェクトにアクティブに参加する専門家チーム・メンバー向けに設計されています。各ライセンス・ユーザーには、変更管理、レポートのカスタマイズ、計画への、読み取りおよび書き込みのフル・アクセスが付与されます。また、要求管理、品質管理、ソースコード管理(SCM)、分散SCM、ビルド管理への読み取り専用アクセスも提供されます。

利点

よりスマートかつ迅速に連携して作業

リンクされたワークアイテムやトレースを使用して追跡、計画、コラボレーションします。必要なツールと機能を開発者に提供することにより、戦略的なプロジェクトを迅速に開始できます。

どこからでもコラボレーション

チームが地理的に分散している場合でも、より優れたプロジェクト管理で生産性を向上できます。

可視性の向上

マルチレベル・ダッシュボードとレポート作成機能により、プロジェクトの活動状況とチームの進行状況を把握できます。タスク・ボード、製品バックログ、バーンダウン・チャートを活用して、進行状況を伝達します。

効果の素早い実現

クラウドを使用して素早く稼働し、技術革新に集中できます。アジャイル、従来型、およびOpenUPの開発テンプレートにより、ベスト・プラクティスを使用してプロジェクトを素早く開始できます。

適切な意思決定

ダッシュボードと分析により単一ソースで事実が提供されるため、プロジェクト内の肯定的および否定的の両方の指標に迅速に対応できます。これらは、よく使われる変更管理システムとも統合します。

Workflow Management - Contributor SaaSの機能

  • ルール・ベースの優れたプロセス自動化
  • 進行状況の可視化でコラボレーションを強化
  • ワークアイテム追跡の改善
  • 探索のためのサンドボックスをクラウドに確立

お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案します

Professional Software as a Service

IBM Engineering Workflow Management Contributor SaaS Professionalは、セキュアなシングル・テナント・クラウドHTTPSサイトで提供されます。サブスクリプション&サポートが含まれます。

Enterprise Software as a Service

IBM Engineering Workflow Management Contributor SaaS Enterpriseは、IPSec VPNトンネルを使用するシングル・テナントの仮想プライベートクラウドで提供されます。サブスクリプション&サポートが含まれます。

永久ライセンス

IBM Engineering Workflow Management Contributor SaaSのオンプレミス・インストールは、単一の許可ユーザーおよびインストール・ライセンスによるもので、1年間のサブスクリプション&サポートが含まれます。