料金体系
柔軟な価格設定オプションを活用してください。
WebSphereのROIを高める
Websphere のアイソメ図図
自分に合った組み合わせを見つける

IBM® WebSphere® Hybrid Editionを使用すると、予算を最大化するために資格を最適化できます。サブスクリプションを利用して、3つの導入オプションから選択できます。WebSphere Network Deployment、WebSphere Base、Liberty Coreの3つの導入オプションから選択できます。また、Mono2MicroとTransformation Advisorを使用して、モダナイゼーションの取り組みを支援します。

料金体系オプション
759.00米ドルから* 標準サブスクリプション

IBM WebSphere Hybrid Editionは、新しいクラウドネイティブ・アプリケーションの確立、既存のIT資産の最新化、確立されたWebSphere資産のサポートを支援します。

最も人気のプラン
特徴および機能

ランタイムオプション

IBM WebSphere Application Server Network Deployment

IBM WebSphere Application Server

IBM Liberty Core

VPC/ライセンス

WAS NDのVPCを1つ提供

WASベースエディションのVPCを4つを提供

Liberty Coreの8つのVPCを提供

使用用途

大規模でミッションクリティカルなアプリケーション展開のためのランタイム環境は、ほぼ継続的な可用性とインテリジェントな管理機能を提供します。

エンタープライズアプリケーション向けの柔軟で安全なJavaサーバーランタイム環境は、高度なパフォーマンス、冗長性、およびプログラミングモデルを提供します。

Webおよびクラウドベースのアプリケーションの迅速な開発と展開のための軽量の実稼働ランタイム。

機能

WebSphere Application Serverのすべての機能に加えて、以下の機能が含まれます。

  • 仮想マシンでのクラスタリングと高可用性
  • インテリジェントな管理
  • z/OSプラットフォームとの完全な統合
  • アプリケーションとセッション・キャッシングの完全サポート

すべてのLiberty Coreに加えて:

  • 本番環境でのOpen Liberty、WebSphere Liberty、および従来のWebSphereのサポート
  • Java EEおよびJakarta EEフルプラットフォーム、MicroProfile準拠
  • アプリケーションのモダナイゼーションを簡素化する互換性API
  • Webアプリケーションとマイクロサービス用のJakarta EE WebプロファイルとMicroProfile
  • 低メモリ、高スループット
  • コンテナとKubernetesの最適化
  • Liberty Zero Migrationおよび継続的デリバリーを備えたCI/CDネイティブ
次のステップ
ファイナンスオプション
その他の参考情報 資料 コミュニティー