機能
WebSphere ユーザーは、IBM WebSphere Hybrid Edition を使用してコンテナーやクラウドへの移行を効率化できます。
アクションを見る(2:35) 無料評価版を試す
Websphere Application Server Leadspace のアイソメ図
IBM® WebSphere® アプリを最新化し、新しいクラウドネイティブアプリを構築する

IBM WebSphere Hybrid Edition は、Kubernetes 用に構築されたアプリケーションの開発を迅速化するための、エンドツーエンドのエンタープライズ固有のエクスペリエンスを提供します。IBM WebSphere 製品とオーケストレーションされたコンテナプラットフォーム上に構築された IBM WebSphere Hybrid Edition は、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド間の移行と新しいビジネスアプリケーションの作成を支援する長期的なソリューションを提供します。

詳細はこちら
自分のペースで最新化する IBM WebSphere® Application Server V9.0.5

IBM WebSphere Application Server の最新バージョンであるバージョン 9.0.5 は、お客様のペースで運用を最新化するための機能強化を提供します。

詳細はこちら
クラウド展開用のアプリを評価する

IBM Cloud® Transformation Advisor は、オンプレミスの Java EE アプリケーションをクラウドにデプロイするための評価を迅速に行うのに役立ちます。

詳細はこちら
アプリケーションのモダナイズ化

アプリケーションの最新化により、既存のアプリがクラウドテクノロジーの利点を活用できるようになります。

詳細はこちら
WebSphere Application Server を詳しく見る WebSphere V9 への移行

クローン移行を使用してサーバー構成を WebSphere V9 に移行します。

アプリ開発のギャップを埋める

WebSphere Liberty を使用すると、時間を節約し、移行を簡素化し、迅速に開始して、より簡単に拡張できます。

クラウドへの移行をアクティブ化する

オンプレミスの WebSphere アプリを WebSphere Liberty に移動する方法をご覧ください。

次のステップ

WebSphere Application Server の最新バージョンをインストールするか、試用版をダウンロードします。

無料評価版を試す