IBM Watson Advertising Weather Targeting

天気とAIを使用して、消費者の行動を予測し、行動を促し、最も効果的なタイミングで最も効果的な場所に広告を配信します。

傘をさして歩く女性
天気によってトリガーされる広告の力

IBM Watson® Advertising Weather Targetingは、天気や場所と、健康状態、製品のセール、消費者の活動といった複雑なデータセットとの関係を認識するように設計されています。 この分析を使用すれば、サードパーティのCookieデータに頼ることなく、ターゲットを絞ったキャンペーンを作成し、ブランドの評判と消費者の個人情報を保護しながら、関連度の高いメッセージを使用してユーザーにリーチできます。


メリット キャンペーンの目標と目的を達成する

定義した地域の今後の気象状況の影響予測に基づいて、関連度の高い天気広告を消費者に届けることができます。

メッセージの関連度と共感度を向上させる

最適な状況が存在する場合にのみ、天気広告とマーケティングをトリガーすることにより、確実に共感されるメッセージにすることができます。

ブランド認知を向上させる

サードパーティのCookie、ID、その他の個人情報を使用することなく、天気によってトリガーされるキャンペーンを配信できます。


主要な機能 天気によってトリガーされる広告とAI

効果的なキャンペーンを実現するためのAIアルゴリズムのモデリングとトレーニングに関するIBMの知識を活用して、最も効果的なタイミングで最も効果的な場所に、ターゲットを絞ったメッセージを配信できます。

広告の効率と効果を最大化する

指定した気象状況が存在するタイミングと場所でのみメッセージ配信をトリガーすることにより、無駄を最小限に抑えながら、該当するオーディエンスにリーチできます。

天気によってトリガーされる広告をデジタル・エコシステム全体で提供

42,000個の郵便番号に該当する範囲でアクティブ化できる500以上のトリガーを利用して、天気という状況的観点から消費者にリーチできます。

次のステップに進む

IBM Watson Advertising Weather Targetingがもたらす可能性についてご覧ください

さらに情報を得る方法 IBM Watsonの広告機会 IBM Watsonの広告ソート・リーダーシップ