IBM Watson Advertising Weather Targeting
天気とAIを使用して、消費者の行動を予測し、行動を促し、最も効果的なタイミングで最も効果的な場所に広告を配信します。
データ・シートを読む デモのご依頼はこちら
傘をさして歩く女性
天気によってトリガーされる広告の力

IBM Watson® Advertising Weather Targetingは、天気や場所と、健康状態、製品のセール、消費者の活動といった複雑なデータセットとの関係を認識するように設計されています。 この分析を使用すれば、サードパーティのCookieデータに頼ることなく、ターゲットを絞ったキャンペーンを作成し、ブランドの評判と消費者の個人情報を保護しながら、関連度の高いメッセージを使用してユーザーにリーチできます。

メリット キャンペーンの目標と目的を達成する

定義した地域の今後の気象状況の影響予測に基づいて、関連度の高い天気広告を消費者に届けることができます。

メッセージの関連度と共感度を向上させる

最適な状況が存在する場合にのみ、天気広告とマーケティングをトリガーすることにより、確実に共感されるメッセージにすることができます。

ブランド認知を向上させる

サードパーティのCookie、ID、その他の個人情報を使用することなく、天気によってトリガーされるキャンペーンを配信できます。

主要な機能 天気によってトリガーされる広告とAI

効果的なキャンペーンを実現するためのAIアルゴリズムのモデリングとトレーニングに関するIBMの知識を活用して、最も効果的なタイミングで最も効果的な場所に、ターゲットを絞ったメッセージを配信できます。

広告の効率と効果を最大化する

指定した気象状況が存在するタイミングと場所でのみメッセージ配信をトリガーすることにより、無駄を最小限に抑えながら、該当するオーディエンスにリーチできます。

天気によってトリガーされる広告をデジタル・エコシステム全体で提供

42,000個の郵便番号に該当する範囲でアクティブ化できる500以上のトリガーを利用して、天気という状況的観点から消費者にリーチできます。

参考情報 The brand forecast is clear(ブランド予報は明確です)

天気のようなデータ信号にAIテクノロジーを適用することで、実用的な洞察をほぼリアルタイムで獲得し、適切なメッセージを適切なタイミングで使用して適切なオーディエンスにリーチする方法について説明しています。

COVID-19トリガー

感染者数の増減が地域や州によって、さらには郵便番号によっても異なるために、共感度と関連度の高い広告を配信することがいかに難しいかをご覧ください。

IBM Watson Advertising COVID-19トリガー

AIが、データを分析して優れた意思決定を行うためのミッション・クリティカルなツールである理由を学びましょう。企業がパンデミックへの対応方法を改善しようと模索している今、AIが役に立つ可能性があります。

How Weather Drives Consumer Behavior(天気によって促される消費者行動)

高度なデータ・サイエンスとAIが気象パターンの予測に役立つ理由、そして気象が広告戦略とマーケティング戦略に与え得る影響について説明しています。

次のステップに進む

IBM Watson Advertising Weather Targetingがもたらす可能性についてご覧ください

データ・シートを読む デモのご依頼はこちら
さらに情報を得る方法 IBM Watsonの広告機会 IBM Watsonの広告ソート・リーダーシップ