空から見た都市とその周辺の景色

概要

IBM Weather Operations Centerの地理空間分析コンポーネントは、膨大な量の経時的な地理空間データ(地図、衛星、気象、ドローン、IoT)の照会/分析サービスに対応できるよう特別に設計されたプラットフォームです。これにより、多様で豊富な蓄積データを備えた、継続的に更新される経時的な地理空間情報のカタログを容易に検索できるようになるため、データサイエンティストや開発者は、従来の煩雑なデータ準備作業から解放されます。

また、IBM Weather Operations Centerの地理空間分析エンジンにより、6ペタバイトを超える経時的な地理空間データ・セットが提供されるため、企業は機械学習とAIの時代のリーダーシップを維持するために不可欠な固有の知識セットをビジネスに活用できます。これには、衛星画像、気象データ、人口統計データ、陸地・海洋データ、農業データなど、分析に使用できるように整理された数百のデータ層のリポジトリーが含まれています。お客様独自の専有データを取り込み、このコンポーネントにより提供された経時的な地理空間データと組み合わせて使用することで、規模に応じたコスト効率の良い方法で、重要な意思決定に関するより深い洞察を獲得できます。IBM Weather Operations Centerの地理空間分析は、さまざまな業界で活用できます。

  • 官公庁・自治体:自然災害やパンデミックの発生時に、健康、疾病、気象に関する実用的な洞察を利用して、国民や地域住民によりよいアドバイスを提供できます。
  • 電力事業者:電力供給の中断のリスクをより適切に予測して、保守とスタッフのスケジュールを最適化することができます。
  • 金融事業者:信用リスクのスコアリング方法を改善して、不良貸付を削減できます。
  • 食品会社:より高い品質を求める消費者の要求に適切に対応し、持続可能性への取り組みを強化できます。
  • 保険事業者:リスクの予測を向上して、問題が発生する前に保険契約者に警告し、効率を高めることができます。

照会の例

データ・サービス

東南アジアのすべての空港の全気象データと標高の提示

検索サービス

米国アイオワ州内で、6月の正規化差植生指数(NDVI)が0.8より大きく、降水量合計が20mm未満である、すべての地域の表示

分析プラットフォーム・サービス

米国カリフォルニア州のすべてのブドウ園のかんがい予測の計算