IBM Wazi for Red Hat CodeReady Workspacesの主要な機能

不可欠なz/OS開発者向け機能

Wazi Workspacesは、Microsoft® VS Code™やEclipse®などの幅広い統合開発環境で利用できる、編集、構築、デバッグを含む不可欠な開発者機能を提供します。

IBM z/OS Debuggerでの最新のデバッグ

IBM z/OS Debuggerを使用して、VS CodeやEclipse環境内のCOBOLプログラムとPL/Iプログラムに対し、ブレークポイントと変数の処理、コードのステップスルー、レジスターと変数の変更を行います。

COBOL、PL/I、Assemblerでの最新の編集体験

コード補完、コード・スニペット、リアルタイム構文チェック、コピーブック・ナビゲーション、アウトライン・ビュー、リファクタリング、さらにJCLを編集するための構文の強調表示を含む、最新のエディター機能をご利用いただけます。

最新のワークフロー

Gitなどの最新のSCMとの統合によって、使いやすい高速のビルドとデプロイメントを実現します。さらに、IBM Dependency Based Buildが提供するインテリジェント・ビルド機能を使用することにより、開発者は、アプリケーションをGitの任意のフレーバーをSCMとして使用してネイティブに作成し、デバッグ機能の統合によってIDE内から直接IBM z/OS Debuggerを使用することができます。

Red Hat OpenShift上の個人用z/OSサンドボックス環境

Red Hat OpenShiftプラットフォーム上で実行するために最適化された、個人用のコンテナ化された開発・テスト環境と、ビルド成果物を同期してサンドボックスを最新の状態に保つプロビジョニング・ツールを利用できます。

標準のCI/CDパイプライン

プラットフォーム間で最新のツールや標準プロセスを使用してパイプラインのデリバリーを自動化します。