開発・革新・変革。

IBM Cloud Pak for ApplicationsのアドオンであるIBM Wazi for Red Hat CodeReady Workspaces(Wazi Workspaces)は、あらゆる企業規模の標準DevOpsパイプラインにシームレスに統合できる、生産性の高い開発環境です。一貫性があり、親しみやすいIBM z/OS向けの開発者環境を提供して、開発者を支援します。

IBM Wazi for Red Hat CodeReady Workspacesは、以下のコンポーネントを提供します。

  • コード: VS Code™ IDEとEclipse® IDEのどちらでも編集、ビルド、デバッグできます。
  • サンドボックス: 個人用にコンテナ化された仮想のOpenShift z/OS環境で、z/OSアプリケーション・コンポーネントを開発、テストします。

IBM Zとマルチクラウド・プラットフォームを含む堅固で標準的な開発機能によって、IBM Z®への投資を保護し、活用することができます。

IBM Wazi for Red Hat CodeReady Workspacesでクラウドネイティブ開発を加速

メリット

ハイブリッド・マルチクラウド

Wazi WorkspacesはOpenShiftに最適化された開発環境であり、どのクラウドでもハイブリッドでも、プラットフォームにとらわれない開発が実現できます。

IDEの幅広い選択肢

最新のIDE(VS Code™やEclipse®など)を使用して編集、ビルド、デバッグを行います。

個人用サンドボックス

隔離され、コンテナ化されたz/OSサンドボックスを使用して、z/OSアプリケーションを開発、テストします。

迅速な導入

z/OSやIBM Zに不慣れな開発者でも、親しみやすく利用しやすい作業環境で、迅速に生産性を向上させることができます。

オープン・ツールチェーン

Wazi Workspacesは、標準のGitベースのオープン・ツールチェーンにシームレスに統合でき、CI/CDを実現します。

柔軟な実装

ビジネス・ニーズに応じた利用状況に基づき、ライセンスを自由な組み合わせで選び直すことができます。

IBM Waziの主要な機能

  • 不可欠なz/OS開発者向け機能
  • COBOL、PL/I、Assemblerでの最新の編集体験
  • Red Hat OpenShift上の個人用z/OSサンドボックス環境
  • IBM z/OS Debuggerでの最新のデバッグ
  • 最新のワークフロー
  • 標準のCI/CDパイプライン

お客様の声