ハイブリッドクラウド・アプリケーションを開発、革新、変革する

IBM Wazi Developer for Red Hat CodeReady Workspaces(IBM Wazi Developer)は、あらゆる企業規模の標準的なDevOpsパイプラインに完全に統合される、生産的な開発環境です。 IBM z/OS®に関する一貫性のある、使い慣れた開発体験を提供することで、開発者を支援します。IBM Wazi Developerには以下のコンポーネントが付属しています。

• コード: 選択したVS Code™、Eclipse®、またはRed Hat CodeReady Workspaces IDEで編集、構築、デバッグを行います。
• 分析:アプリケーション・コンポーネント間の関係を検出することにより、潜在的なアプリケーション変更の影響を理解します。
• サンドボックス:個人用にコンテナ化された仮想のOpenShift z/OS環境で、z/OSアプリケーション・コンポーネントを開発、テストします。

IBM Zからマルチクラウド・プラットフォームまでを網羅する、堅固かつ標準的な開発機能により、IBM Z®への投資を保護し、活用します。 柔軟性を高めるため、バンドル内の任意のコンポーネントをデプロイおよび再デプロイします。

メリット

ハイブリッド・アプリケーション開発

あらゆるクラウドまたはハイブリッド・プラットフォームでIBM Wazi Developerを使用します。 また、OpenShiftで実行するよう最適化されています。

開発者の生産性を向上

z/OSおよびIBM Zの習熟度にかかわらず、使いやすい、アクセス可能な開発環境によって生産性の向上を早期に実現できます。

スピードと俊敏性の向上

本格的なz/OS環境と、コンテナ化された個人用サンドボックス内で、真の並行開発を可能にします。

リスクの軽減

アプリケーションの相互依存関係に関する視覚的な洞察を使用して、変更が行われる前にアプリケーションに関する理解を高め、コード変更の影響評価に役立てます。

ベンダー・ロックインがないこと

IBM Wazi Developerを標準的な、Gitベースのオープン・ツール・チェーンにシームレスに統合して、CI/CDを実現します。

柔軟な実装

ビジネス・ニーズに基づき、時間をかけエンタイトルメントのリバランスを行います。

IBM Wazi Developerの主な機能

  • お客様自身のIDE使用をサポート
  • Red Hat OpenShift上の個人用z/OSサンドボックス環境
  • COBOL、REXX、PL/I、Assemblerに関する最新の編集体験
  • IBM Debug for z/OSを搭載した統合デバッガー
  • IBM Dependency Based Buildによるインテリジェントなビルド機能
  • アプリケーション・コンポーネントとそれらの関係のグラフィカルな、Webベースの検出および分析
  • 標準的な企業規模のCI/CDパイプラインとの統合

お客様の声