AIを活用した官公庁・自治体向けチャットボットによる24時間365日の市民サポート
テクノロジーを活用することで、官公庁・自治体は住民により良いサービスを提供できます。
watsonx Assistantを試す デモの予約
市民がどこにいても利用できる官公庁・自治体の公益/情報通信のイラスト
利用者が必要とする回答を、AIチャットボットを活用してすばやく正確に提供

公共サービスに関する質問から、予期せぬ自然災害発生時の対応に至るまで、あらゆる問い合わせに速やかに回答することの重要度が増しています。そして、実現に向けた難易度が高くても、行政や自治体には利用者体験の向上が求められています。

対話型AIの世界的なリーダーで構築する高機能なAIチャットボットは、自然言語処理(NLP)を用いて、すばやく正確に回答を行います。高機能なAIチャットボットの導入は、利用者と職員の双方にメリットをもたらすとともに、測定可能なコスト削減と迅速なROI(投資利益率)の向上を実現します。

watsonx Assistantによる節約
優れた利用者サポートを提供
職員の支援

利用者が基本的な問い合わせにアクセスできるようにし、請求書の支払いに関する質問から今後のイベントに至るまで、あらゆる基本的な問い合わせに対する回答を得られるようにします。これらすべてにIBMセキュリティー機能が標準装備されています。


デジタルの利用者サポート

すべてのエンゲージメント・ポイントにわたって最高のセルフサービス・サポート体験を提供し、AIの活用を既存のシステムやプロセスとシームレスに統合します。利用者がコミュニティーの最新情報を24時間年中無休で入手できるようにします。


音声による利用者サポート

最先端の自然言語理解(NLU)と高度な説明および継続的な学習を組み合わせることで、より優れた理解とより正確な精度を実現できます。

機能
既存のバックエンド・テクノロジーとの統合 複数のチャネルおよびバックエンド・システムとのシームレスな統合を活用し、複数のチャネルに導入します。事前定義された官公庁・自治体固有のテンプレートは、チームの迅速な立ち上げに役立ちます。 統合の詳細はこちら

IBM Watson Natural Language Understanding IBM Watson Natural Language Understandingは、ディープ・ラーニングを使用して、非構造化テキスト・データから意味とメタデータを抽出します。アプリケーション、官公庁・自治体のWebサイト、電話などに合わせて、適切なトーンをチャットボットが設定できるようにします。 自然言語理解についての詳細はこちら

ローコードとノーコード機能の活用 開発者の必要性を最小限に抑えます。簡単な研修により、官公庁・自治体職員はプログラミングの知識がなくても高度な会話フローを構築し、維持できるようになります。 ビジュアル・ビルダーについて学ぶ
AIの学習データとして既に5000人分の相談者データがあったことは、他県にはなかなか真似のできない利点だったと思います。開発のポイントは、有楽町の窓口のノウハウをいかにAIに反映するかでした。 山田 和孝氏 地域政策局 地域力創造課 課長 広島県 詳細はこちら
成果 公共セクターの現実 1週間 迅速な導入

テキサス州オースティン市は、パンデミック関連情報を24時間365日求める公共のニーズに応えるために、わずか1週間でwatsonx Assistantを導入しました。

お客様事例はこちら
95% 通話量の管理

レッドブリッジのロンドン特別区は、クリスマス期間中のチャットボットのユーザーの満足度が95%であったと報告しました。

お客様事例はこちら
>800 変化する期待

watsonx Assistantのチャットボットはニュージャージー州で毎月6,200件の通話を処理しています。これは800時間以上の節約になります。

お客様事例はこちら
お客様事例 独立行政法人 中小企業基盤整備機構

全国9カ所の地域本部で行ってきた経営相談の時間的、距離的、心理的なハードルを解消し、より気軽に利用できる新しいチャネルとしてAIチャットボットの活用に踏み切りました。

広島県 地域政策局

少子高齢化で人口が減少する中、地方自治体にとって重要な取り組みとなっているのが「移住者」の獲得- 移住希望者を大幅に増やした広島は新たな試みとして、“人の気持ちを動かす”AIチャットボットの開発へ取り組みました。

ニュージャージー州コミュニティー局

ニュージャージー州は、停電を迅速に回避することで、住人が暖を取りやすくしています。また、月に6,200件の通話が自動的に処理されています。

技術的な質問

G2 Crowd社、IDC社、Gartner社によると、IBMのwatsonx Assistantは、最先端の自然言語処理(NLP)および統合機能を備えた、最高の官公庁・自治体向けチャットボット・ビルダーの1つです。

当社の強化された意図検出モデルは、従来型の機械学習、転移学習、ディープ・ラーニング手法を実行時の即応性の高い一貫性のあるモデルに組み合わせており、以前のモデルよりも高速かつ正確です。調査(リンクはIBMの外部)に基づくと、このモデルはIBMの主な競合他社よりも正確であり、Google Dialogflowを5.6%、Microsoft LUISを14.7%上回っています。

IBMのモデルは競合他社を凌駕しているだけでなく、IBMのwatsonx Assistantは、テンプレート、ワンクリック統合ガイド付きチュートリアル、SMEなどのホスト資源により、驚くほど簡単に始めることができます。IBM watsonx Assistantは市民のニーズに適応します。

watsonx Assistantを使用すると、利用者がコントロールすることが可能になり、基本的な質問に答えたり、製品やサービスに関連する幅広いファンクションの実行方法を学習したりできるようになります。これを大規模に実行できるため、より高いビジネス優先事項に集中することができます。

利用者が人間の介入を必要としている場合、watsonx Assistantはインテリジェントな人職員へのハンドオフ機能を使用して、適切な担当者に正確にルーティングされるようにします。watsonx Assistantを使用すると、迅速な解決に必要な関連性の高いデータを持つ人と対話することができます。つまり、人々は長い保留時間や通話の誤ったルーティングによる不満を感じることなく、必要な情報をより迅速かつ効率的に入手できるようになります。

watsonx Assistantを使用すれば、開発者は不要です。この直感的なプラットフォームは、使いやすいドラッグ・アンド・ドロップ型のインターフェースと最小限の運用コストにより、数分で立ち上げて稼動させることができます。お客様のビジュアル・アイデンティティに合わせてチャットボットを簡単にカスタマイズし、簡単なカット・アンド・ペースト操作でWebサイトやモバイル・アプリケーションに直感的に埋め込むことができます。IBMのセキュリティー、スケーラビリティー、柔軟性を組み込んで構築されたwatsonx Assistantは、あらゆる書き言葉を理解し、安全かつセキュアでグローバルに導入できるように設計されています。今すぐご利用いただき、専門家を雇用することなく、チームが利用者の満足度を向上させ、効率性を上げることでコストを削減し、より効率的で効果的な官公庁・自治体になるメリットを実現しましょう。

Facebook Messenger、Intercom、Slack、Twilioを使用したSMS、WhatsApp、Hubspot、Wordpressなどのアプリに展開して、オムニチャネル・エクスペリエンスを提供できます。シームレスな統合により、必要なときに発信者を電話および自動音声応答(IVR)システムにルーティングできます。

必要になると人々は州や地方自治体に頼ります。多くの場合、最初にコール・センターが利用されます。自然災害であろうと、急速に広がるパンデミックであろうと、あるいは請求書の支払い方法のガイダンスを探しているだけであろうと、チャットボット・テクノロジーが即座に応答を提供できれば、職員と話すために待つ必要はなくなります。そして、切実にガイダンスを必要として通話量が急増するのは、予期せぬ緊急事態が発生したときです。

IBM watsonx Assistantは、自然言語処理(NLP)を使用して、利用者のエンゲージメントを独自の会話レベルにまで高めます。IBMの高度な人工知能テクノロジーは、お客様の豊富な保険システム・データを簡単に活用し、堅固なトピック理解とAIを活用したインテリジェント検索によって、適切な回答を適切なタイミングで提供します。より複雑な通話は、適切な職員にルーティングされます。

次のステップ

市民のサポート体験を変革します。

 

製品スペシャリストによるデモンストレーションの予約をして、watsonx Assistantがお客様のビジネスにもたらす効果をご相談されるか、無料プランで今すぐAIアシスタントの構築を開始してください。

無料評価版を試す 導入パターンと料金体系を見る
その他の参考情報 資料 チャットボットの構築方法 学習 コミュニティー