概要

チャットボットとは

チャットボットは、カスタマー・サービス用のサポート・システムです。 チャットボットは、人工知能と自然言語処理を使用して、メッセージング・アプリケーション、Webサイト、モバイル・アプリなどを通じてユーザーとの会話をシミュレートし、正確かつ関連性のある情報をユーザーに提供することができます。 Watson AssistantによりAIチャットボットを強化することで、従来のチャットボット構築プラットフォームに関連する問題を回避し、顧客サポートを向上させるツールを構築することができます。

使ってみる

ユーザーの発言内容を識別

任意のチャネルに導入

デモ

その他の参考情報

Watson開発者コミュニティー

チャットボット・ビルダーを開始する際に、リアルタイムで同業者から学んだり、エキスパートに相談したりすることができます。

チャットボットの学習パス

会話型AIチャットボットの基本から独自のアプリケーションの作成までの手順ガイドです。

Watson Assistantの資料

概要、統合、会話フローなどに関するテンプレートと資料です。

よくあるご質問(FAQ)

チャットボット開発に関するよくあるご質問への回答と、詳細情報へのリンクをご覧ください。

チャットボットの使用目的を教えてください。

チャットボットは、カスタマー・サービスのサポートを提供し、人と人との会話をシミュレートすることにより、ユーザーを必要なサービスまたは情報につなげるために使用されます。

ボット・ビルダーはどのように機能しますか。

チャットボットとボット・ビルダーは、ユーザーの単語やフレーズを解釈して処理し、答えを提供します。 事前定義されたスクリプトと機械学習アプリケーションの組み合わせに基づいて、応答を提供できます。

チャットボットを構築するのにどのぐらいの時間がかかりますか。

30分以内で、製品の使い方を学び、最初のトピックを作成することができます。

ユーザー体験を向上させるためにチャットボットを自社のWebサイトに統合する方法を教えてください。

ご使用のアシスタントの「統合」タブを使用して、既存のWebサイトのHTML内にJavaScriptスニペットをコピーして貼り付けることができます。 これにより、ご希望のページに完全にカスタマイズ可能なWebウィジェットが作成されます。 また、Watson AssistantをSlack、WhatsApp、Facebook Messenger、Amazon Alexa、ソーシャル・メディア・チャネル、CRMシステムに統合することもできます。 そしてもちろん、IBMのチャットボットAPIを他のWatson APIと統合できます。

チャットボットを構築するために知る必要があるプログラミング言語は何ですか。

Watson Assistantを使用して、魅力的なチャットボットの構築を開始できます。コードは不要です。 ただし、チャットボット開発プラットフォームでは、PythonやJavaScriptなどのプログラミング言語を使用できます。

会話フローとは何ですか。

チャットボットがユーザーと行う会話を構築するコンポーネントです。 会話により、ユーザーはチャットボットがそこで何を行うのかについて明確に理解でき、チャットボットはユーザーのインテントを定義し、事前に作成した応答を提供できます。

チャットボットの発話とは何ですか。

ユーザーがチャットボットに入力して、その後インテントを得るために使用されるあらゆるものです。 ユーザーが「営業時間を教えてください。 」と入力すると、文章全体が発話になります。

チャットボットで使用されるテクノロジーは何ですか。

チャットボットは自然言語処理(NLP)を使用します。 自然言語処理により、ボットは、テキストを読み、音声を聞き取って解釈し、センチメントを測定し、どの部分が重要かを判断することができます。

チャットボットを作成するのに費用はどのぐらいかかりますか。

無料のLiteプランから開始することができます。あるいは、チャットボットの機能を拡張するために、PlusプランとEnterpriseプランを検討していただくこともできます。

仮想エージェントとチャットボットの違いは何ですか。

チャットボットと仮想エージェントとの主な違いは、チャットボットに学習能力がない点です。 チャットボットは事前に作成された明確な回答を提供することができますが、Watson Assistantのような仮想エージェントは、AIを使用して質問を解釈し、ユーザーが本当に知る必要があるのは何かを判断します。

チャットボットはどのようにして学習しますか。

チャットボットは、提供されるデータ・セットを分析することによって、またユーザーとの会話を通じて、学習することができます。 また、システムを人間が編集することによっても学習することができます。 ほとんどの場合、両方が必要です。

チャットボットはどんなタイプがありますか。

チャットボットは、顧客サポートと顧客体験に関連付けられることが多くあります。 IBMのお客様は、顧客セルフ・サービスでの顧客との関与、バックエンド・プロセスの自動化、ワークフローの最適化などを含む、幅広いユースケースでチャットボットを使用しています。

Wordpress用のチャットボット・プラグインはありますか。

はい、このWordpressプラグイン(IBM外部へのリンク)を使用できます。 FAQに応答し、有用な情報を提供し、顧客によるお客様Webサイトでのナビゲートを支援できるように、数分でWatsonをトレーニングできます。

チャットボットは正確ですか。

Watson Assistantは機械学習とインテント検出アルゴリズムを使用して、エンド・ユーザーの質問に正確に答える方法を判断します。 Watson Assistantの中核にある人工知能は、実世界の対話における無数のインテントの組み合わせを正しく識別するように設計されています。 簡単に言うと、Watson Assistantはトレーニングしやすく、ユーザーが必要としているものを正確に認識できるように設計されました。

チャットボットとSMSはどのように統合するのですか。

Watson Assistantは、電話、SMS、Slackなどの任意のチャネルに導入できます。 テキスト・メッセージング統合を追加すると、アシスタントが顧客とメッセージを交換できるようになります。 その方法はここでご覧いただけます。また、セットアップ・プロセスのウォークスルーの動画を見るには、IBM Watsonアプリケーション・コミュニティーの電話とSMSの統合を参照してください。

今すぐ試す

顧客サービスのためのAIで次の一歩を踏み出す準備はできましたか?