概要

リスク・モデリングに対する新しいアプローチ

リスク・モデリングに対するより効率的なアプローチを使用して、ライフサイクル、コンプライアンス、分析の各機能を通じて、ユーザーのアクセスとアクティビティーをプロビジョニング、監査、レポートします。

IBM Security™ Verify Governanceでは、役割ベースのIDガバナンス・ポリシーを使用して職務分離(SoD)違反を管理するのではなく、発注書の作成などのビジネス・アクティビティーを使用します。 このアクティビティーは、役割よりも変化が少ないため特定のタスクに関連付けることができ、また何より、監査員やコンプライアンス管理者と同じ言語を使用できます。

Verify Governanceをお勧めする理由

エンド・ユーザー満足度の向上

円の中で高さが伸びていく複数の線を示すアイコン

すべてのプロビジョニング要求とセルフサービス要求を合理化して、従業員のオンボード、オフボード、管理を迅速に行います。 強化されたパスワード同期では、シングル・サインオンをサポートします。

規制対応の改善

右下隅にシールドが付いたコンピューター画面を示すアイコン

閉ループのコンプライアンス、データ・ガバナンス機能、GDPR固有の制御により、IT監査の手作業を排除します。

ビジネス・リスクの削減

最良パスを示す矢印の付いたプレイブックが含まれたシールドのアイコン

適切なアクセス決定を行い、リスク管理者とコンプライアンス管理者がSoD制御(SAP向けを含む)で違反を迅速に特定できるようにします。

高リスク・ユーザーの洞察

2人の人物の前にある注意のシンボルを示すアイコン

ID分析は、高リスク・ユーザーと内部脅威に対する視覚的な洞察を提供し、Verify Governanceで行動の異常を検知してアカウントを一時停止するのに役立ちます。

運用コストの削減

お金のシンボルの入った2つのコインを示すアイコン

労働集約的なプロセスとIDライフサイクル・プロセスを自動化して、運用コストを大幅に削減します。

主要な機能

料金体系

Verify Governanceの料金体系

お客様のビジネス・ニーズに最適なエディションと料金体系をご提案します。

使ってみる

製品デモに関してVerify Governanceのエキスパートにご相談ください