主な機能

モバイルの安全な導入

モバイル上でも重要な資産を強力に制御します。Verify Accessは、アプリケーション・データ、地理的位置、IPレピュテーションなどのリスク要因に基づいてモバイル要求の許可、チャレンジ、拒否を行うための強力なモバイルの多要素認証を確立します。

IDの連携を確立

モバイル上でも重要な資産を強力に制御します。Verify Accessは、アプリケーション・データ、地理的位置、IPレピュテーションなどのリスク要因に基づいてモバイル要求の許可、チャレンジ、拒否を行うための強力なモバイルの多要素認証を確立します。

強力な認証の確保

ユーザー名とパスワードを超える強力な認証を確保します。ワンタイム・パスワード、メール検証、知識ベースの質問により、多要素認証を使用可能にするか、リスクを伴うアクセスの要求に挑みます。

Office365へのパスワードなしログインの実現

ビジネス・ユーザーが、パスワードの代わりに指紋認証を使用してOffice 365などの作業アプリケーションにログインすることを許可します。

セキュリティーと使いやすさのバランス

Verify AccessのID連携は、サード・パーティーのSaaSアプリケーションを既存のインフラストラクチャーに安全に統合すると同時に、デスクトップとモバイルでの円滑なシングル・サインオン体験をユーザーに提供します。

リスク・ベースの認証の有効化

Verify Accessのリスク・スコアリング・エンジンによるリスク・ベースのアクセス制御を採用できます。この機能は、使用者のセッションに干渉することなく、ユーザー、モバイル端末、その他のセッションに基づく情報を使用してコンテキストを認識する許可を適用します。

お客様による導入事例

  • IBM Security Verify Accessでの指紋認証の図

    アプリケーションに高速アクセスするためのパスワードなしログイン

    問題点

    複数のユーザー名とパスワードが記憶される。

    ソリューション

    ビジネス・ユーザーが、パスワードの代わりに指紋認証を使用してOffice 365などの作業アプリケーションにログインすることを許可します。

  • 顧客が使用するアプリとサービスへのパスワードなしの認証を可能にする、IBM Security Verify Accessの図

    安全かつ使いやすい認証体験

    問題点

    顧客にシームレスなサインオン体験を提供したい。

    ソリューション

    顧客対応アプリケーションおよびサービスへのパスワードなし認証を有効にします。

  • Verify Accessリスク・スコアリング・エンジンのスクリーン・ショット

    リスク・ベース・アクセスの確立

    問題点

    ネットワークに不正にアクセスするユーザーがいる。

    ソリューション

    Verify Accessのリスク・スコアリング・エンジンによるリスク・ベースのアクセス制御を採用できます。この機能は、最小限の干渉で、ユーザーおよびその他のセッション・ベースの情報に関するコンテキストを使用して、コンテキストを認識する許可を適用します。

  • 強力なモバイル多要素認証を確立するIBM Security Verify Accessの図

    モバイル・デバイス向けの安全なデジタル・チャネルの作成

    問題点

    強力なセキュリティーをモバイルにも拡大したい。

    ソリューション

    Verify Accessは、アプリケーション・データ、地理的位置、IPレピュテーションなどのリスク要因に基づいてモバイル要求の許可、チャレンジ、拒否を行うための強力なモバイルの多要素認証を確立します。

  • 複雑なアクセス管理システムの図

    シングル・サインオンによるパスワード疲労の軽減

    問題点

    アクセス管理システムが複雑すぎる。

    ソリューション

    ID連携を使用すると、デスクトップおよびモバイルでのスムーズなシングル・サインオン体験をユーザーに提供しながら、サード・パーティーのアプリケーションを既存のインフラストラクチャーに安全に統合できます。