IBM Turbonomicによるデータセンターのモダナイゼーション
インテリジェントなリソース割り振り、キャパシティー・プランニング、自動化されたパフォーマンスの確保によりデータセンター管理をモダナイズします。
対話式デモを見る デモを予約
データセンターのモダナイゼーションのイラスト
最新のデータ戦略を今すぐ実行

高い柔軟性とコスト削減が期待されるクラウド・サービス・プラットフォームの急増に伴い、多くの組織はITインフラストラクチャーを更新し、既存のオンプレミス・データセンターからワークロードを移行しています。データセンターのインフラストラクチャー関連コストが増加し、使用効率が低下している上、オーバープロビジョンが一般的になっているのであれば、今こそデータセンター戦略を再考する好機でしょう。

IBM Turbonomicプラットフォームにより、データセンターを次世代エコシステムの主要な手段として再認識できるようになります。Turbonomicソフトウェアは、アプリケーションのリソース・レベルを自動的に最適化しながら、ビジネス・ニーズに合わせてリアルタイムで動的にスケーリングします。モダナイゼーション戦略により、より効率的なデータセンターを構築することで、よりよいビジネス成果が得られます。

製品ツアーはこちら

アプリケーション・リソーシングの自動化

継続的なコンピュートの配置 Turbonomicソフトウェアは、アプリの需要とリソース供給レベルを継続的に分析します。リソースの集中化を回避し、待ち時間の影響を低減するだけではなく、パフォーマンスを危険にさらすことなくすべてのハードウェアを安全に使用できるようアクションを自動化します。

仮想マシンのサイズを適切に調節する サイズを適切に調節することにより密度を安全に高め、過剰な割り振りによるリソースの競合を回避します。仮想マシン(VM)のサイズを適切に調節する際、Turbonomicソフトウェアは、VMの仮想メモリー、CPU、ストレージ、IOPS、待ち時間、スタック全体の要求を考慮します。
継続的なストレージの配置 Turbonomicソフトウェアは、各ワークロードがストレージから得られる体験を理解し、ストレージと基盤となる配列の可用性やパフォーマンスとの関係を把握しています。これにより、パフォーマンスを中断したり、配列自体の再構成を強制したりすることなく、仮想化レイヤーでのデータ移動によりストレージ・デバイスを最適化できます。

事前対応のキャパシティー管理 Turbonomicソフトウェアは、リアルタイム環境の正確なビューを使用して、拡張やワークロードの移行に必要な物理的インフラストラクチャーの量など、お客様が定義した変更をシミュレートします。継続的なデータセンターの自動化と最適化により、チームが思い描くシミュレーションを実行できます。

最適化されたスーパー・クラスター どの時点でも、サーバー・クラスターにはバランスのとれた空き領域がない可能性があります。これに対処するため、Turbonomicソフトウェアは、「スーパー・クラスター」または仮想プールを作成し、要求が増加したときにワークロードがクラスター間を移動できるようにして、累積リソースの合計量を解放します。これにより、データセンター内のより高い伸縮性、優れたパフォーマンス、クラウドの経済性を向上します。

主な成果

データセンターのアップタイムを自動化
  • アプリケーションとインフラストラクチャー間のすべての相互依存関係を把握してボトルネックを積極的に特定し、是正措置を自動化してパフォーマンスと可用性を向上

  • サイトの信頼性と運用チームの意思決定を数日から数秒に短縮

  • 従来の仮想化サービスと次世代のマイクロサービスを一元管理

リアルタイムのITリソース最適化を自動化
  • AI主導のアプリケーション認識型分析により、効率を向上させ、インフラストラクチャーの密度を向上

  • リアルタイムおよび高度な「もしも」の容量計画のシナリオを両方使用してITリソースを最適化

  • オーバープロビジョニングをなくし、ビジネスサイクルに合わせて業務の適正化を自動化

透過的な自動化によりデータセンターとアプリケーションチームを連携
  • アプリケーションとインフラストラクチャーの健全性を一元管理する統合モデルで複雑さを排除

  • アプリケーションのコンポーネントごとにITリソースの意思決定を説明可能かつ監査可能なビューでインフラストラクチャーチームとアプリケーションチームの間のギャップを解消

  • Turbonomicの特定の修復アクションと、アプリケーションインフラストラクチャースタックのあらゆるレベルでの透過的な自動化を活用して「会議室」の生産性を向上

シームレスな統合

 

Turbonomicは、旧式および次世代のデータセンターテクノロジーをシームレスかつエージェントレスに統合し、迅速な自動検出と価値実現までの時間を実現します。

すべてのテクノロジー統合を見る
データセンターの統合

統合する理由

コストの削減、効率性の向上、セキュリティーの強化など、データセンターのハードウェアを統合し、より広範なデータセンターの最適化に向けて移行すべき理由は数多くあります。端的に言うと、ハードウェアの数が減れば、購入・保守・管理・監視にかかる労力やコストも少なくなります。さらに、データセンターの改善によりデジタル・トランスフォーメーションを成功へと導くことができます。

組織が今後のクラウド移行のためにデータセンターを統合する場合でも、既存のプライベート、パブリック、ハイブリッドクラウド環境またはマルチクラウド環境下で統合する場合でも、オンプレミスによる効率化を図る場合でも、Turbonomicプラットフォームを使用するとそのプロセスを加速化できます。Turbonomicソフトウェアは、お客様に代わってデータセンターの変革を計画し、プロセス全体を通じた基幹業務アプリケーションのパフォーマンス確保を支援します。

デモを予約

Turbonomicがデータセンターの再考にどのように役立つかをご覧ください。

計画立案

当社が立案する計画を通じて、組織が保持できるハードウェアや保持すべきハードウェアを把握することができます。Turbonomicソフトウェアは、計画立案に際して各種ハードウェアの効率性と減価償却スケジュールを考慮し、リース期限が切れる時期を示すタグを表示します。組織がデータセンターの統合を目指す場合は通常、少数のホストに絞り込むことから始め、続いて少数のデータセンターへの統合を行います。当社は、次のプロセスに関する計画を立案します。

オンプレミス最適化計画

  • この計画により、仮想マシンのスケーリングまたは移行を実行し、ハードウェアを統合できます。

ハードウェア更新計画

  • この計画により、アップグレードに必要な新しいホスト数を確認できます。

ホスト廃棄計画

  • この計画により、ホストをシャットダウンした場合に現在の負荷に対応できるかどうかを確認できます。

計画を選択する前に、組織はハードウェアを最大限活用するためにテストや開発の規模を再検討する必要があります。

実行

統合の目的は、ダウンタイムを最小限に抑え、データセンターのハードウェアとリソースの使用を最適化することです。少数のホストへの統合を終えたら、続いてデータセンター数を削減することをお勧めします。vCenterとデータセンター間であっても、クラスターをマージするための適切なポリシーを定めることで、仮想マシンの 新しい移行先 へのライブ・マイグレーションを実行できます。

クラスターのマージ計画

  • この計画により、スーパークラスターを作成してハードウェアを活用できます。

仮想マシンの移行計画

  • この計画により、マシンをあるクラスターから別のクラスターに移動できます。

「IBM TurbonomicのAIを搭載した自動化機能により、アプリケーションのパフォーマンスを24時間365日確保できるようになったため、チームは事後対応に追われることなく、戦略的取り組みに力を注げるようになりました」 Porsche Waddell サーバーおよびストレージマネージャー BBC Studios社 お客様事例はこちら
関連するユースケース FinOpsの自動化

Turbonomicプラットフォームは、安全に自動化を実装できる継続的な最適化を実現します。つまり、支出の削減、パフォーマンスの確保、ビジネス価値の最大化のためにFinOpsを採用するクラウド・オペレーションやエンジニアリングの担当部署にとって最適なプラットフォームです。

持続可能なIT

Turbonomicプラットフォームは、インテリジェントな自動化により使用効率を高め、エネルギー・コストと二酸化炭素排出量を削減し、サステナビリティーを促進します。

クラウド・コストの最適化

Turbonomicプラットフォームは、AIによる自動化とクラウド・コスト最適化ソリューションにより、アプリケーションのパフォーマンス(従来型とクラウドネイティブ型)を維持し、クラウド・インフラストラクチャー・コストを最適化します。

Turbonomicを始めましょう

安全にコストを削減しながら、アプリケーションのパフォーマンスを継続的に改善する方法を紹介します。

デモ相談会を予約 無料評価版を試す
その他の参考情報 資料 教育 コミュニティー 料金体系 参考情報