業務効率向上による、よりスマートな職場スペースの活用

IWMSにより、企業はデータを収集して分析し、業務のレジリエンシーと効率性を高めるためのまたとない機会を得ることができます。このエンタープライズ全体を対象とする見解は重要です。CFOの83%はコスト削減の機会として、設備投資に関心を向けていると回答しています。¹

包括的で、市場をリードするIWMS、IBM TRIRIGA Application Suiteは、職場スペースを最適化するだけでなく、変化に素早く対応し、戦略的な意思決定を行い業務効率を向上させることができます。

職場スペースを隅々まで最大限に活用

リースの管理および会計の簡素化

リース管理を改善してオフィス面積の最適化とコストの削減を図り、業務の中断による財務上の影響を分析します。

業務効率と保守効率の最大化

予防保全と状態監視保全により効率を高め、運用コストを削減します。

サステナビリティー管理の強化

お客様の不動産ポートフォリオのエネルギー使用量と二酸化炭素排出量を削減する機会を特定して評価します。