誰もいない近代的なオープン・オフィス

運用効率向上による、よりスマートなスペースの活用

IWMSにより、企業はデータを収集して分析し、運用のレジリエンシーと効率性を高めるためのまたとない機会を得ることができます。この全社的な見解は重要です。CFOの83%はコスト削減の機会として、設備投資に関心を向けていると回答しています。¹

市場をリードする包括的なIWMSであるTRIRIGAを使用することで、単にスペースを最適化するだけでなく、変化に素早く対応し、戦略的な意思決定を行い、運用効率を高めることができます。

効果的な投資計画

全社的に徹底した施設の状態評価から始めましょう。

スペースを隅々まで最大限に活用

リースの管理および会計の簡素化

リース管理を改善してオフィス面積の最適化とコストの削減を図り、潜在的な中断が与える財務上影響を分析します。

運用効率と保守効率の最大化

予防的な状態ベースの保守を利用して、効率を高め、運用コストを削減します。

投資計画の管理および拡張

プロジェクト・サイクル・タイムの改善、予算超過の解消、リソースのボトルネックの排除、プロジェクト・リスクの分析により、より優れた計画を策定し、プロジェクト全体のコストを最大45%削減します。²

持続可能性管理の強化

お客様の不動産ポートフォリオのエネルギー使用量と二酸化炭素排出量を削減する機会を特定して評価します。

日没近くのダラスの景観

お客様事例

ダラス市が5つのレガシー・アプリケーションを、GISと財務ソフトウェアとに統合された1つのTRIRIGAシステムにどのように組み合わせたのかを説明します。

脚注