IBM Tivoli Automated Tape Allocation Manager for z/OS
複数のMVSイメージによるテープ・リソースの共有を人手を介さず自動的に実現します。
概要

IBM® Tivoli® Automated Tape Allocation Manager for z/OS® は、既存のテープ・リソースを最大限に活用し、運用上のオーバーヘッドを削減し、バッチ処理の効率を向上させるように設計されています。これにより、マルチシステム環境全体で複数の磁気テープ・ドライブを共有で、自動化、制御できます。

メリット
新しいハードウェアのコストを削減

ハードウェアを安易に追加しなくてもいいように、既存の磁気テープ・リソースを最大限に利用します。

バッチ処理における遅延を最小化

共有制御ファイルを必要とすることなく、マルチシステム環境全体でテープ・ストレージ装置を共有します。

オペレーター介入の必要性を最小化

テープのリソース管理を自動化して、IBM Tivoli® Enterprise Portalにアクセスして広範な診断およびレポート機能を利用できるようにします。

サポートを一元化

グローバル・コマンド・サポートにより、業務スタッフに一元的なクエリーと制御を提供し、割り当て機能のないデバイスを含むさまざまなデバイスのサポートを簡素化します。

関連情報 IBM Advanced Storage Management Suite for z/OS

z/OS® ストレージのハードウェアとソフトウェアのリソース(z/OS 用のプライベート、ハイブリッド、またはクラウド ストレージを含む)を監視、管理します。

z/OS上のIBM Tivoliテープ・オプティマイザー

テープ・ボリュームおよびデータ・セットを効率的にコピーします。

IBM Tivoli Advanced Backup and Recovery for z/OS

重要なアプリケーション・データを自動的に識別し、バックアップなどを管理します。

参考情報はこちら
資料

製品の保守および使用方法に関する情報をご覧ください。

詳細はこちら
サポート

サポート検索で解決策を確認したり、サポートの依頼を送信することができます。

詳細はこちら