IBM Tape Manager for z/VM
テープデバイス、テープボリューム、テープマウント要求を管理、監視、保護します。
IBM Tape Manager for z/VM がビジネスに貢献できること

IBM® Tape Manager for z/VM® は、テープリソースに関する情報をテープカタログに編成します。複数の IBM z/VM システム全体でテープを管理し、テープボリュームの 1 つのカタログを維持できるようにします。テープリソースを監視し、テープリソースが少なくなったとき、またはテープカタログのディスク領域が容量に近づいたときに通知します。Tape Manager for z/VM は、標準ラベル (SL) テープと非ラベル (NL) テープをサポートします。さらに、IBM、Oracle® StorageTek、EMC®、Luminex の手動テープデバイスと物理および仮想テープライブラリーのサポートも提供します。

メリット
テープリソースを保護する

z/VM 上のリソースアクセス制御機能 (RACF) またはその他の外部セキュリティマネージャー (ESM)、またはその内部セキュリティマネージャーを通じてテープリソースを保護します。

磁気テープ装置の動的共用

他の z/VM システムおよび非 z/VM システムとのテープデバイスの動的共有を使用します。

貴重なユーティリティ

ユーティリティを使用して、データのセキュリティ消去、テープカタログの検証、および ATL コンテンツの検証を実行します。

マウントリクエストの発行

許可されたユーザーがテープマウントを要求できるようにし、オプションでNo Label (NL) およびバイパスラベル処理 (BLP) マウント要求をサポートします。

参考情報
Tape Manager for z/VM 製品ドキュメント

製品のインストール、設定、使用方法について説明します。

資料はこちら
IBM Tape Manager for z/VM で使用するための RACF FACILITY クラスの有効化

RACF FACILITY クラスを有効にして、IBM Tape Manager for z/VM 機能へのアクセスを制御する方法を学びます。

資料を読む
TS7700 テープグリッド環境における z/VM 用のテープマネージャー

TS7700 テープグリッド環境で z/VM および DFSMSRMS z/VM 用のテープマネージャーを構成する方法を学習します。

資料はこちら
Tape Manager for z/VM および TS7700: キャッシュを解放するためのスクラッチボリュームの管理

IBM TS7700 仮想テープ環境でスクラッチボリュームをより適切に管理するために、Tape Manager for z/VM を構成する方法を学びます。

資料はこちら
インストールヒント

IBM Tape Manager for z/VM を z/VM システムに初めてインストールするためのヒント

資料はこちら
Tape Manager for z/VMの概要

複数の z/VM システム間でテープカタログを共有する方法など、Tape Manager for z/VM の機能とアーキテクチャについて詳しく説明します。

詳細はこちら
俊敏性と柔軟性を獲得

IBM の柔軟な支払いプランは、インフラストラクチャーへの投資をワークロードのニーズに合わせるのに役立ちます。

ファイナンスの詳細
興味はありませんか IBM Infrastructure Suite for z/VM and Linux

IBM z/VM® および IBM Z® システム上の Linux の可視性と自動化。

IBM Backup and Restore Manager for z/VM

z/VM 上のデータと、Linux などの非 z/VM システムのイメージを保護します。

専門家による成功に役立つ参考情報はこちら
サポート

サポート検索を使用して解決策を確認でき、サポート依頼を送信することもできます。

詳細はこちら
新着情報

最新の製品ニュースと情報。

詳細はこちら