IBM StoredIQのコミュニティーにご参加ください

IBM StoredIQのコミュニティーにご参加ください つながる (英語)

非構造化データのポリシーの自動化

IBM StoredIQ® Suiteは、データ検出、レコード管理、コンプライアンス活動、ストレージ最適化、データの移行の取り組みに立ちはだかる問題の対処に役立ちます。このソフトウェアは非構造化データの詳細なインプレースでの評価を提供し、企業がデータを可視化して、より情報に基づいたビジネス上の意思決定ができるようにします。IBM StoredIQ for Legalは、法的な利害関係者の電子証拠開示(e-ディスカバリー)を合理化する組織化された体系的なアプローチを可能にします。StoredIQ SuiteにバンドルされているIBM StoredIQ Policyを使用して、ポリシーを自動化します。

Gartner Peer Insightsに寄せられたIBM StoredIQの60件以上のカスタマー・レビューをご覧ください

Gartner Peer Insightsに寄せられたIBM StoredIQの60件以上のカスタマー・レビューをご覧ください レビューにアクセスする(IBM外部へのリンク)

インプレースでのデータ管理を実現

インプレースでのデータ管理により、組織は非構造化データをリポジトリーや専用アプリケーションに移動しなくても、非構造化データを検出、認識し、そのデータに基づいて行動を起こすことができるようになります。

強力な検索機能を装備

StoredIQは、大量の非構造化コンテンツの理解を促進することを目的とした強力な検索機能を備えています。

分析が容易に

大量の企業データの詳細な分析を容易に取得できます。データをインプレースで分析、管理します。これにより、これまで別の場所へのデータの移動により発生していた影響が軽減されます。

実用的なインテリジェンスを提示

コピー、削除、移動、記録、エクスポートなど、さまざまなポリシー・アクションをサポートする実用的なインテリジェンスで企業を支援します。

データの提供

インプレースでのデータ管理機能は、法規制や企業ポリシーの違反を改善する取り組みを強化するのに役立ちます。

StoredIQによるGDPR対応

StoredIQのGDPRに特化したアナリティクス・カートリッジは、GDPRの対象となる、国ごとに固有の個人データと非構造化データの検出に特に焦点を合わせた高度な検索機能を提供します。

StoredIQ Suiteの主要な機能

非構造化データ全体でのポリシーの自動化

IBM StoredIQ Policyを使用すると、ビジネス価値に応じて企業データを識別、分類、管理するためのポリシーを作成して、リスクの軽減とコストの削減を図ることができます。また、企業の非構造化データをより深く包括的に理解できます。さらに、ビジネス要件や規制要件、コンプライアンスの適用、データの保存に対応する際や、監査要求に効率的に対応する際に、必要なサポートを得ることができます。

利害関係者のe-ディスカバリー・プロセスの合理化

IBM StoredIQ for Legalは、利害関係者のe-ディスカバリー・プロセスを合理化するように設計されたプラットフォームを提供します。カストディアン(証拠保持者)の特定、訴訟時の証拠保全の通知、ならびにe-ディスカバリーの収集および保存に、効率性と透明性をもたらします。

拡張性の高い検索と分析の機能を備えた対話式UI

StoredIQ Insightsは、より高速な検索結果とファセット・ベースの分析によって、非構造化データをより効果的に修正します。さらに、キーワードの強調表示、対話式のタグ付け、サンプリングをサポートする最新のUIを備えています。文書プレビュー機能により製品の使いやすさが向上しています。

機械学習による文書の分類の加速

StoredIQ Suiteは、文書の分類に使用されるコグニティブ・データ評価(CDA)と呼ばれる機能を備えています。CDAは積極的な機械学習アプローチを使用します。このアプローチでは、ユーザーが機密データを確認してタグ付けをし、データ・モデルをトレーニングします。その後、最も重要な文書がレビュー対象としてデータ・モデルにより推奨されます。これにより、データ検出とデータ・プライバシーの取り組みにかかる時間を大幅に短縮できます。

e-ディスカバリーへの体系的なアプローチが可能

IBM eDiscovery Identification and Collectionを使用すると、企業データに対する洞察を得られます。さらに、これまでe-ディスカバリーへの対応に要していたコスト、時間、労力を削減します。特定のケースに最も関連性の高い情報のみにターゲットを絞ることで、送信される非構造化データの量を削減できます。法廷で使用できて正当と認められる収集物を作成することもできます。

情報に基づく意思決定の強化

組織が非構造化データを別のリポジトリーや専用アプリケーションに移動しなくても、非構造化データを検出、認識し、そのデータに基づいて行動を起こすことができるようにする、インプレースでのデータ管理ソリューションを提供します。また、強力な検索機能が大量の非構造化コンテンツの理解を促進します。さらに、大量の企業データの分析を効率的に簡素化します。データをインプレースで分析、管理し、これまで別の場所へのデータの移動により発生していた影響を軽減します。

非構造化データと構造化データの1カ所での管理

IBM Information Governance CatalogとIBM StoredIQを統合することで、非構造化データの検出と分類を管理します。さらに、データを同期して、どの非構造化StoredIQデータ・オブジェクトがInformation Governance Catalogに公開されているかを判別します。この統合されたデータ・ガバナンスのアプローチにより、組織は必要なデータの発見と品質評価を一目でできるようになります。

おすすめ関連製品

IBM StoredIQ for Legal

証拠保全の通知から特定、保存、収集に至るまで、堅固なe-ディスカバリー・プロセス管理を提供します。

IBM Watson® Knowledge Catalog InstaScan

非構造化データ管理とプライバシー・ソリューションでデータ・ソース内の潜在的なホット・スポットを特定し、コンプライアンス・データの収集にかかる時間を短縮します。

IBM Watson Knowledge Catalog

動的なデータ・アクセス・ポリシーの実行によりコラボレーションに基づいてカタログを作成し、AIと分析のためにインテリジェントにデータを活用できます。

データとAIの活用にお困りですか?