概要

水上に架かる橋を上から見た画像

IBM® SPSS® Statistics Standard Editionには、Base Editionのすべての機能に加えて、先進のモデリング・オプション、回帰分析、カスタム・テーブルをサポートする機能が含まれています。  

ロジスティック回帰、分位点回帰などのさまざまな回帰プロシージャーを利用できます。また、GLM多変量、分散成分分析、生命表、ベイズ統計など、先進の統計プロシージャーを活用できます。さらに、Custom Tablesモジュールを使用して、データを要約し、分析を本番環境対応のテーブルに表示できます。

主な機能

Regression

SPSS Regressionを使用すると、カテゴリー型の結果を予測し、さまざまな非線型回帰プロシージャーをデータに適用できます。

ベイズ統計

ベイズ推論は、ベイズの定理を使用して、より多くの情報が使用可能になると仮説の確率を更新する、統計的推論の方法です。

多変量一般線型モデリング(GLM)

GLM多変量モデリングは、複数の従属変数の値を、カテゴリー型予測変数と尺度予測変数との関係に基づいてモデル化するために使用されます。GLM反復測定を使用すると、複数の従属変数を反復測定できます。

カスタム・テーブル

SPSS Statisticsのデータを要約し、分析を、プレゼンテーションに使用できる品質で本番環境対応のテーブルに表示します。分析機能と先進の機能を使用して、データを解釈しデータから学習するための、テーブルを作成できます。

一般化線型モデルと一般化推定方程式

一般化線型モデル・プロシージャーでは、指定したリンク関数によって、従属変数が因子および共変量と線型の関係になるように、一般線型モデルを拡張します。一般化推定方程式プロシージャーでは、反復測定またはその他の相関関係のある観測値を分析できます。

生存分析

生命表を使用して、(場合によっては因子変数のレベルごとに)時間イベント変数の分布を調べます。Kaplan-Meier生存分析では、因子変数のレベルごとに時間イベント変数の分布を調べることができるほか、層化(ストラータ)変数のレベルごとに別個の分析を作成することもできます。Cox回帰分析では、指定されたイベントが発生するまでの経過時間を、特定の共変量の値に基づいてモデリングすることができます。

このエディションには、Base Editionのすべての機能に加え、以下の機能が含まれています。

このエディションには、Base Editionのすべての機能に加え、以下の機能が含まれています。

回帰

  • 2項ロジスティック回帰
  • ロジット応答モデル

  • 多項ロジスティック回帰
  • 非線型回帰

  • プロビット応答分析、2段階最小二乗回帰、重み付き最小二乗回帰、分位点回帰

先進の統計

  • Cox回帰
  • 一般線型モデリング(GLM)、一般因子、多変量(MANOVA)、反復測定、分散成分
  • 一般化線型モデルと一般化推定方程式、ガンマ回帰、ポアソン回帰、負の2項分布
  • 対数線型とロジットのためのGENLOG

  • 一般化線型混合モデル(GLMM)(順序型対象を含む)
  • ベイズ統計
  • 階層対数線型モデル
  • Kaplan-Meier

  • 線型混合レベル・モデル(別名:階層線型モデル)
  • 生存
  • 分散成分推定

カスタム・テーブル

  • 35の記述統計
  • ドラッグ・アンド・ドロップ・インターフェース
  • 推計統計
  • ネストされたテーブル
  • 任意の行、列、層に合計を配置する

  • 事後計算対象カテゴリー
  • サンプルサイズの調整ウェイトを、有効ベースの重みとして利用
  • 複数の変数を同じテーブルに入れる
  • 複数の応答変数の有意差検定
  • カスタム・テーブルのメイン・テーブルでの有意差検定

  • 列平均値検定と列比率検定の有意値
  • 特殊な多重回答セット・テーブル
  • 多重比較のための偽の発見の修正法
  • シンタックス・コンバーター
  • テーブル・プレビュー